seocycle BLOG

ディスクブレーキのお話し。 その22009/11/27

Published by
under

自転車のブレーキが良く効くということは、スピードのコントロールでだけでは無く、バイクコントロール自体がしやすくなるという、前回のつづきです。

 

gazo 231

MTBのブレーキの主流は現在、主に2つ。 Vブレーキ と ディスクブレーキ です。

上写真は、Vブレーキ。入門的MTBやXC的MTB、クロスバイクなどの主流のブレーキです。その昔の カンチブレーキ に比べ、格段に上がった制動力。VをはじめてMyバイクに投入したら、カンチで手がツッてしょうがなかったのがウソのよう!さらに、レバー・アーチ(V本体)など、イロイロなメーカーのモノを試し、ブレーキパッドの摩擦力を上げる為、リムサイドを加工したり・・・

現在でも、それなりのパーツの組み合わせでキチンと組み上げれば、Vブレーキでもそこそこ十分な制動力を発揮します。

 

gazo 224gazo 235

そして、ディスクブレーキです。ハブに付けたディスクローターを、車体に付けたキャリパーがパッドではさみ込みホイールの回転を止めるシステムです。自動車・モーターサイクルと同じです。

現在のMTBシーンではオールマウンテン~ダウンヒルは、ほぼ100%ディスクブレーキ。速度域も高く重量もあり、絶対的な制動力を必要とするのは当たり前ですが、ライダーがよりアクティブなコントロールを必要とするMTBのジャンルほどディスク化が進んでいます。

では、なぜディスクブレーキの方がVブレーキより制動力が高いのか?   は、つづく。  たぶん・・・

 

ここでチョット、商品の紹介もさせてください。

お客様のご注文で当店にやってきた、 (上写真の)Avid Elixir 4 ハイドリック ディスクブレーキ を搭載した、SPECIALIZED BIG HIT FSRⅡ です。

gazo 237

スペシャ伝統の FSRリンクデザイン。 リザーバータンク付きのFOXコイルショックから繰り出す、リアトラベル量は 190mm。フリーライド・DHの高いポテンシャルを秘めながら、この 2010年モデルは、

メーカー希望価格¥260,000(さらに売価は店頭へ) というバーゲンプライスなバイク。 

2010年モデルですが、完売間近です。ピンと来た方、お急ぎください。  

                                                   湘南台店 小野