seocycle BLOG

SCOTT NEW CR-1 解体新書2009/12/15

Published by
under

解体新書というほど解体していないのですが、SCOTT CR-1 TEAM完成車を納車の為にパーツを降ろしたので、ついでにフレーム重量その他チェックです。

CR-1 TEAM は、キレイなホワイトです。 NEW CR-1 の完成車は、SL~COMPまでグレードが違ってもHMカーボンの、全て同一のフレーム・Fフォークとなります。

ちなみに、フレームセットのCR-1SLのみ、より剛性が高くチョコッと軽いHMカーボンの素材となります。  

gazo 241gazo 242

圧入式のBBベアリング・ヘッドベアリングその他もろもろを付けたままですが、XSサイズフレーム実測重量は 1133g。 ベアリング分を差し引くと、カタログ値 980g に、ほぼ偽り無しかな。

gazo 237

SCOTTの場合、Fフォークの重量がカタログ値を下回ることが多いのですが、このNEW Fフォークは・・・

gazo 244gazo 246

カタログ値 490g。  実測 382g やはりです。 先代のFフォークの剛性・ハンドリングもすばらしいレベルでしたが、スリムになったNEW Fフォークも高レベル。それでいてカルイ!

ステアリングコラムもカーボン。UDカーボンかな。

最近のカーボンフレームは、フレームの内側もキレイになってきている気がします。

gazo 239

CR-1 のシートチューブ内側は、明らかにスムースな表面。シートポストが刺さる部分なので、より気遣っているようです。固定力が不足していたり、ポストにキズが付くカーボンフレームも多いですので、これは大歓迎。

そして、おなじみの BBB CLEAR SKIN で武装し、WAKO‘S VARIOUS COATでコーティング。

gazo 247gazo 249

なかなか内容の濃い CR-1。 COMPグレードの完成車で ¥249,000  売価は店頭で 

オススメであり、お買い得でもある カーボンロードバイクです。               湘南台店 小野

2010年モデルは、完売いたしました。