seocycle BLOG

バーエンドバーを、さらに有効に。2010/04/12

Published by
under

バーエンドバー とは、フラットハンドルの両端に取り付ける、縦に握れるバーのことです。

もともとは、MTBに取り付けるアイテムとして普及したモノ。MTBでの登坂時に前荷重ポジションがとり易く、ストレートの巡航時などにも重宝するモノです。

 gazo 400

 

フラットのストレートハンドルの場合が多い、最近のクロスバイクに取り付けるのもアリです。縦に握れるポジションが増えることで、巡航がラクになります。

 

 

オンロード巡航メインのクロスバイクで、バーエンドバーを装着する場合のひと工夫。

gazo 383

ハンドル両端では無く、グリップの内側にバーエンドバーを装着。名前がバーエンドバーではおかしくなりますが・・・

もともとMTBの発想で生まれたバーエンドバー。オフロードでの操作性を考えるとハンドル両端は、自然ですが、オンロードの巡航には幅広すぎますネ。

この位置の方が有効かと・・・

 

注意点は、シフト・ブレーキレバーの操作のジャマにならないこと。選んだバーエンドバーの形状や、シフト・ブレーキレバーとの相性によって変わってきます。特にシフトのリリース側レバー(人差し指で引く方)の操作に影響が無いように注意です。

gazo 385

 

この写真の GIANT FCR1 は、もともとトライアスロン・TT用のフレームなので、プチDHバーのような感じ。非常に相性は良いと思います。

gazo 386gazo 382

先日お買い上げいただいたお客様の要望で、納車時にお取り付けいたしました。

お買い上げありがとうございます。もうすでに、オンロードスポーツバイクに ハマッテシマッタ と伺っています。気軽に遊びに来てください。

TIOGA  CARBO BAREND  メーカー希望価格¥3,990 

ついでに GIANT FCR1  メーカー希望価格¥119,700       売価は店頭へ

                                                   湘南台店 小野