seocycle BLOG

アンジェリーノのスタンドのお手入れ方法2010/06/05

Published by
under

最近、ブリヂストンのアンジェリーノをお使いの方から、「スタンドが立てたまま戻らないんですっ!」とご連絡をいただくことが多くなってきました。

確かに一大事です。なんたって戻らないんですから、、、、。

ほとんどの場合、回避することができます。また日ごろのお手入れでそんなトラブルも防ぐことができます。

まず、スタンドが戻らなく(上がらないという表現が正しいかな)なった場合ですが、

ちょっと手が汚れると思いますがご了承いただき、、、、

DSCF0191

ロックレバーを手で押さえていただきます。このときのポイントは「途中で止めておく」です。ロックレバーを目いっぱい戻すとスタンドが引っかかり戻りません。

DSCF0193

そしてそのままスタンドを上げる方向(自転車を前に少しずつ動かしてください。)スタンドが上がりはじめます。

このとき、スタンドのバネ、スタンドの可動部に指など挟まないよう十分に気をつけてください。

これでスタンドは上がるはずです。ピンチの時やってみてください。自転車が倒れる場合もあります(スタンドが戻るので。)、周りににも気をつけてくださいね。どこか壁際でできるといいかもしれません。

 

さて、ではなぜスタンドが戻らなくなるのか?ここです。可動部分が引っかかってしまうと先ほど書きましたが、、、。

DSCF0185DSCF0194

写真はスタンドを後ろから写しています。指のところがロックレバーが動くところです。

左がロックしている状態、右がスタンドを上げようとしている状態です。このロックレバーとスタンド本体のこすれる部分が重要なポイントです。

この部分が、新しい、古いに関わらず油分がなくなると(雨、埃、砂、、のどで油分が取れてしまう)金属同士がかみ合う形になり、動かなくなります。

そのまま無理に使い続けるとロックレバー自体が磨耗して使用ができなくなることがあります(交換が必要な場合もあります)。

これを防ぐためには定期的に注油が必要になります。さらさらしたスプレーオイルなどでも大丈夫ですが、すぐに流れ落ちてしまうのでスプレーグリースがお勧めです。

「なんとなく硬いなぁ、、。」と感じている方はお試しください。

 

 

当店でお求めの方はお店の近くにいらしたときでも寄っていってください。無料で注油してますので。

ご自身でお手入れされる際は指など挟まないように十分に気をつけてください。スタンドのバネがかなり強力です。

 

調布国領店 会沢