seocycle BLOG

MAVIC R-Sys 売れています!2011/06/01

Published by
under

唯一無二のトラコンプテクノロジーを搭載したロードホイール MAVIC R-Sys  売れています。

2011年モデル SPECIALIZED TARMAC EXPERT SL3 のフルクラムホイールを R-Sys に換装です。お買上げ誠にありがとうございます。  

ビフォーアフター的な感じで・・・  ご紹介。

セオサイクル湘南台店では、ホイールなどの商品は入荷した時にチェックし、バイクへの装着をご依頼された場合今一度チェック。

余談ですが・・・  ロードバイクではほとんど無いケースですが、センターの合っているホイールをそのままフレームに装着すると、車体のセンターに合わない場合があります。特にロングストロークサスペンションを搭載したMTBなどは、前後タイヤの整列させる作業が必要です。

どのようなバイクでも、車体のセンターとホイールのセンターをキッチリ合っていることを確認。

上りがお好みのお客様は、シマノ アルテグラ11-28Tのロー&ワイドスプロケットをお選びです。シマノ10Sスプロケットの場合は、MAVICスペーサー+シマノスペーサーの両方を入れます。ご自分で作業なさる方は、お間違いなく。

タイヤは MAVIC YKSION タイヤ。R-Sysとの相性バツグン。チューブは、軽量チューブPanaracer R’AIR。

ホイール換装の場合、タイヤ・スプロケットを使っていたホイールからの移植ももちろん可能です。そこらへんは、ご相談しましょう。

画像がちっちゃいですが、Rディレイラーまわりは汚れています。キレイにしておきます。

ブレーキ・変速をNEWホイールに合わせてセッティング。

新たに履くホイールのみご使用なさる場合は、NEWホイールにセッティングを合わせるだけですが、

いままでのホイールを練習用などとして2セット履き分ける場合、どちらのホイールでも同調するようになればベスト。ここらへんもご相談ください。

そしてアフターな状態。

作業前、ペダルや装備イロイロ付いた状態ではありますがビフォー重量 7,7kg

同様の状態でアフター重量を測ると 7,3kg

数日後、R-Sysの感想をお伺いすると 「2・3段は、ちがうねー!」 とのこと。

分かっていらっしゃると思いますが・・・  「2・3段ちがう」とは、「巡航時・登坂時などに今までコイでいたギア比より、2・3段ハイギア(重いギア)で駆け抜けることが出来るようになった」 という、ニンマリすることです。

ホイールの履きかえ作業も、ベストな状態を模索しつついたしますのでゼヒ、セオサイクル湘南台店へ。

MAVIC R-Sys メーカー希望価格¥147,000(前後セット)  売価は店頭へ

湘南台店 小野