seocycle BLOG

MAVIC NEWホイール COSMIC CARBONE 40C 発表試乗会2013/04/25

Published by
under

すでにシクロワイアード・雑誌等で取り上げられております、マヴィックの新作ロードホイール

COSMIC CARBONE 40 C

ショップスタッフ向けの試乗会に行ってきました。

まずは、プレゼンを聞きます。座学です。

IMGP1314_convert_20130425115240IMGP1318_convert_20130425115536

修善寺、サイクルスポーツセンター5kmコースが試乗会場です。

MAVICのニュートラルカーもカッコよく並んでいました。スバル、ボクサーターボの2台。

300ps新世代ボクサー(右)レガシィと、左は名機EJ20を積む(左)エクシーガ。

こうなると、あのエクシーガが(失礼)、ミョ~にカッコイイ。クルマネタでした。

IMGP1320_convert_20130425115937IMGP1338_convert_20130425120016

試乗車は、ジャパニーズが誇るレーシングカーボンバイク“グラファイトデザイン”が多数。

MAVICの日本におけるニュートラルバイクは、グラファイトデザインを使用しているそうです。

IMGP1323_convert_20130425122123IMGP1325_convert_20130425122202

MAVIC COSMIC CARBONE 40 C  じっくり見るのはお初。

どのようなホイールかと申しますと、

まず、クリンチャーです。カーボンクリンチャーは、MAVICとしては初(リム構造体として)です。

40の名の通り、40mmハイトのセミディープと言える、高速・上りともにイケるオールラウンドホイール。

発表重量は、1,545g(前後ペア) ライバルに対し、絶対的な軽さよりも剛性を重視。特に、ハブ・スポークの剛性を重視。様々なテクノロジーを駆使し、リム剛性・強度ももちろん高い。詳しいテクノロジーは、お店で小野までどうぞ。

ホイール外周のリム部は、ライバルに比べ軽量。

軽量なリムを強いハブとスポークで回す! が、MAVICホイールの哲学なのです。

IMGP1330_convert_20130425122309IMGP1329_convert_20130425122234

で、私の乗った試乗車は、スラムコンポにCC40Cを履かした黄色いニュートラルバイク。

感想は、まず剛性があることによる軽さ。コンセプトそのままですが、、、

 

このCC40C 特に優れたところは、

試乗中にポツリポツリと雨が降り始めた状況の下り、口にあたる雨粒が痛いくらいのかなりのハイスピード下での安心感。高い剛性によるヨレの無さ。より深いディープリムですとフロントのハンドリングに影響大ですが、40mmハイトのコイツは素直なハンドリングでハイスピード時でのライン取りや、集団内での位置取り、緊急回避などの自由度が高いかも。

IMGP1332_convert_20130425124718

総合的には、健脚向きです。CC40C

暫定ですが、MAVIC COSMIC CARBONE 40 C

プライスは、¥283,500(前後ペア)

ご予約、お待ちしております。

IMGP1341_convert_20130425125817

湘南台店 小野