seocycle BLOG

自転車通勤パンク対策!2013/05/01

Published by
under

ゴールデンウィークも変わらず11:00~21:00営業、

晴海トリトン店です。

暖かくなってきて、自転車通勤を感あげていらっしゃる方も増えてきていると思います。

時間通りに到着するためにも、パンク対策大事です。

そんなパンクの不安を少し和らげるのはパンクを防いでくれるシーラント剤です。

噂に聞いて気になっている方も多いと思いますが、

チューブのなかに瞬間的に穴をふさいでくれる液体を入れておく訳です。

何かささってしまった時に、一瞬にして「プシュッ!」と穴をふさいでくれるんですね。

ただ、チューブによっては液体入れられなかったり・・・・

だから、簡単に試せるのは「最初からシーラント入りのチューブ」です。

ボントレガーから発売されています。

DSC04858 DSC04859

 

少しさわるとぷよぷよしています。シーラント入ってるな、うんうん。

試しにホイールに取付けてみました。

そして(若干ビビりながら)ブスっと画鋲を・・・

DSC04860

DSC04861

 

完全に刺さりました・・・。なにも空気は抜けていません。

では、またビビりながら、エイヤっと抜きます!

DSC04862

 

おお!

プシュッと言う音が少ししますが、すぐにシーラント剤で埋まりました。

すぐに空気圧をはかってみると、6~7PSI減っている程度。

これなら走っている状態なら気が付かないかもしれません。

画鋲なのでこれは結構大きな穴の場合と言えます。これもふさげるとは!

なるほど、これなら自転車通勤も安心だ!

ちょっと重量増にはなりますが、アリかも!?

 

注意点としては

・空気を入れる時はバルブは上の位置で。シーラントが下に集まっている状態で入れて下さい。

・穴の大きさによっては防ぎきれないことも・・・

・このチューブに入っているシーラントの量だと、1回までかな・・??

(1回目の穴でつかったシーラントの量によると思います。)

チューブ交換できる方なら誰でも試せるってことです。

興味ある方はどうぞ!

700×23-25C 仏式 バルブ長48mm

700×28-32C 仏式 バルブ長48mm

オープン価格

DSC04863

 

バイシクルセオ晴海トリトン店 佐藤

 

Related Posts