seocycle BLOG

GT FELT 2015年 NEWモデル2014/07/10

Published by
under

GT・FELT は、エントリーグレードの2015年ラインナップをお披露目。

展示会を見てきましたので、少々ご紹介です。

・     ・     ・

 

老舗USAブランド GT  完全復活といいますか、、、

GTらしいバイクづくりが見られるようになりました。

そんなGTから、まずはコレ

IMG_1824IMG_1825

 

GT EIGHTBALLは、

今までもラインナップにあるバイクなのですが、改めてみるとカッコイイ。

クロスバイク・アーバンバイク というジャンルだけにはくくれない、独特オーラを出しています。

ハンドル・Fフォークなどは、ラギッド感満点。ストリートで履く、レッドウイングスのようなカッコ良さかな。。

IMG_1827

 

見た目に反して、ハシリやすそうな予感の内装8段。

ハイドローリック ディスクブレーキとの組み合わせです。

IMG_1828

・     ・     ・

 

GTのアーバンクロス TRAFFICもイイ感じ。

2015年モデルは、フェンダーを標準装備し、エイトボール的雰囲気も出ていて、

価格もリーズナブル。

IMG_1833

・     ・     ・

 

もういっちょ GT から、

NEWジャンル NEWモデルのバイクです。

IMG_1843

ディスクロード GT GRADEシリーズ。

ノーマル状態で履くタイヤは、700×28Cのオンロードタイヤ。

ディスクブレーキと、ワイドタイヤクリアランスが自慢の GRADE は、頑丈なフレームづくりに定評のあるメーカー GTですので 、グラベルロードバイクの資質もアリです。

IMG_1835

 

グラベルとは、、、

WRCなど、4輪ラリーを知っている方なら“グラベル”という言葉に理解があるでしょう。

グラベル=未舗装路です。 マメ知識として、グラベルの反意語(舗装路)は、ターマックです。

IMG_1841

 

ブロックの付いたタイヤを選択すればGRADEは、グラベルもターマックもハイペースで走破でき、

ON&OFFで攻めたハシリが可能なアグレッシブオールロードバイクとして楽しめそう。

グラベルグラインダーとも呼ぶシーンに似合うバイクです。

あ、穏やかなツーリングバイクとしても、良さそうです。

IMG_1837IMG_1836

↑GT GRADE ALLOY 105 は、シマノ 105をメインコンポに採用。

STレバーは、通常の105 すなわち、ワイヤーケーブルブレーキのST5800を装備。

 

しかし、ブレーキキャリパーは、ハイドローリックディスク。。?

 

装備されるキャリパーをよく見ると・・・ リザーバータンクが一体になっていますね。

ハイ、お分かりですね。 ココにマスターシリンダーも装備しているというコトです。

メリットは、通常のワイヤーケーブル引きのレバーで、ハイドロディスク化が可能。

IMG_1840

ブレーキレバータッチは、とてもよかったです。 ホントに。

走行時のブレーキングパワーは、試せていませんが、、、

TRP製か~

このパーツは、イロイロとハイドローリックディスクの世界が広がりそうだな。。。

・     ・     ・

 

FELTは、エントリー ロードバイク

“F”アルミフレームシリーズが、フルモデルチェンジ。

ボトムにあたるF95 も、上級モデルと同様な軽量アルミメインフレーム採用。

IMG_1846

 

アンダー10万円(税抜)のロードバイクとしては、ルックスも立派。

IMG_1845

2015年モデル GT&FELT

ご相談は、セオサイクル湘南台店まで、お気軽に。

湘南台店 小野