seocycle BLOG

フロントライト④ CAT EYE2014/11/25

Published by
under

自転車屋を20年やっていて、日本人として日本に生まれ、日本で自転車屋をやっていて本当に良かったな~と思わせてくれる事があります!

その一つがこのCATEYEというメーカーさんが日本のメーカーさんであるという事。

中学生の時に初めて買ってもらったロードレーサーに確かCATEYEさんのサイクルコンピューターがくっついていたと思うのですが・・・実は昔は日本のメーカーさんだと知りませんでした。不具合があった際に☎をした時のおねいさんの優しくて完璧な対応が今も忘れらません。あぁあなたは今どこに・・・・一目お会いしたかった・・・・とおもひでにふけるのはここまでにして、商品をご紹介して参ります!今回は自分で撮った写真がどうにもイマイチだったので、メーカーさんの写真をお借りしてお見せします。ライトの写真をカッコよく撮るのって難しいんですね・・・・

EL010 BLH34NHL-EL010 税込み3,128円 UNO(ウノ)

乾電池式のライトです。なんと!単三電池1本でOK!BIKEを選ばないデザインで人気です。

自分の存在を知らせる系のライトとしておすすめしています。約17ルーメン

EL540HL-EL540 税込 6,480円 ECONOM FORCE(エコノムフォース)

乾電池式のライトです。単三電池4本使用します。充電式のタイプもありますよ(税込8,640円)

路面を照らせる系のライトとしておすすめしています。170ルーメン

EL620RCHL-EL620RC 税込10,800円 NANOSHOT(ナノショット)

USB充電のライトです。持って見ると驚愕!の軽さ。&男ごころをくすぐるメタル感。

うどんならきし麺だろ!スポークはエアロだろ!という平べったいもの好きにはたまらないデザイン。

路面を照らせる系のライトとしておすすめしています。約85ルーメン

EL625RCHL-EL625RC 税込14,040円 NANOSHOT +(ナノショット+)

USB充電のライトです。LEDが二つに増えてさらに明るく!なんと600ルーメン!どうだ~という明るさです。放熱もよく考えられた構造になっていて、こういうキメの細かさが流石です。

それからこのライトから以下に記述するモデルには点灯して路面をしっかり照らしながら、お向かいさんにしっかり知らせてくれる、点滅機能を同時にこなしてしまう『ハイパーコンスタント機能』がついています!点灯用と点滅用のライトがこれ一つで!!なんて便利な・・・。まるで、カレーにカニクリームコロッケが入って、同時に食べられる幸せくらいウレシイ機能です!!

そうそう、機能がもう一つあります。スイッチを切った時のモードを、ONにした時に覚えていてくれる『モードメモリー』という機能です。

まるで、初めて入った小料理屋で隅っこでチビチビやっていい感じで、2回目に行ったときに『こちらのお酒がお好きでしたよね』『お、覚えていてくれたんですね・・・』という優しい気持ちにさせてくれる機能です。

volt300_gHL-EL460RC  税込8,640円 VOLT300(ボルト300)

USB充電のライトです。デザイン性と機能性がベストバランスなワタクシのお気に入りのライトです。もちろん、前述のハイパーコンスタント機能、モードメモリー機能付き。夜多摩サイ(夜の多摩川サイクリングロード)でも十分な明るさ。ずーとニギニギしていたくなる、ちょっとザラついたようなツルツルしたようなアルミの触り心地。軽すぎず、重すぎない、心地よい重量感。小さすぎず大きすぎない、スマートなたたずまい。

そうそう、このライトにはさらに思いやり機能が。サイクルコンピューターや、スマホホルダーなど混雑しがちなハンドル周りで『あ、わたしがズレますから、みなさんそのままで』と席をスッと立ちあがり、ハンドルの下側に周ってくれるジェントルマンなライトなんです。こういうスマートな大人になりたいですな。明るさ、手触り、見た目、性格『うーん、い・い・か・ん・じ♡』なマイフェイバリットライトです。

300ルーメン 迷ったらこれにしておいて間違いなし!!

volt700HL-EL470RC 税込16,200円 VOLT700(ボルト700)

USB充電のライトです。この筒型デザインでは最強の明るさでは!!なんと700ルーメン!

ハイパーコンスタント機能、モードメモリー機能、ハンドル上下どちらでも取り付けOK。さらに!このライトならではの機能があります。このライトは『Dynamic』『Normal』『Allnight』『hyperconstant』『flash』の5つのモードがあるのですが、どのモードからでも1発で一番明るい『ダイナミックモード』でジャンプできるんです!急に街灯がなくなって真っ暗なゾーン入った時や、路面の荒れがひどくなってきて、しっかり見たい時はパッと切り替えができるんです。今まで日本語でしゃべっていたのに英語圏の人が来たら急に英語になり、中華圏の人が来たら、北京語を話す、某営業さんくらい切り替えがスピーディです!!あの時は見とれちゃったな~「すげ~」って♡

volt1200_gHL-EL1000RC  税込24,840円 VOLT1200(ボルト1200)

USB充電のライトです。クラス最強の明るさ1200ルーメン!スゲー!マジスゲー!夜が待ち遠しいぜ!!としかこのライトのすごさはコメントできません。

 

先日営業さんから伺ったお話に、明るさだけでなく、放熱やそれによる結露なども考慮した造りになっているとの事。

よーくいろいろ考えられて作られているからこその、製品の信頼性なのですね。日本の技術者魂を感じます。アフターパーツもきちんと準備されているのも、当たり前のようでとても大変な事。もしどこか壊れてしまったら一度ご相談くださいませ。

キャットアイさんが自転車用のライトを初めて発売したのが1982年(昭和57年)サイクルコンピューターは前年の1981年(昭和56年)だそうです。ちなみに白色LEDを自転車用ライトに初めて採用したのキャットアイさんだそうです。今では当たり前に感じる白い光もいろいろご苦労があったのでしょうね。これからも私達の安全を猫の目でどうぞお守りください。

武蔵小杉店 上野