seocycle BLOG

自転車を洗車しましょう!2015/06/05

Published by
under

雨の中を走行してドロドロになったどーろレーサー、いやロードレーサーを洗車しました。

ワタクシの洗車は早くて仕上がりはまあまあ、注油もあまり追加しなくていい、スピードクリーニング系の洗車です。

じっくりやるやり方もあるのですが、最近はなにかと忙しく。。。。。

『ちょっと!そんなのいじってる暇あったら網戸直してよ!』『チャビ(犬)の餌なくなったから買ってきて!ついでに牛乳もね!』とか。。

『おとうさーん、サッカーやろーー!早くーーー!!』。。。

お休みの日にじっくり自転車を掃除できた20代の頃が懐かしい。。。そんな訳で閉店後にいそいそと準備し15分~20分くらいでぱぱっと終わらせる今日この頃。

 用意するものはこの4つです。

ホース、先の尖ったもの、ウェス、洗剤(当店ではフィニッシュラインのバイクウォッシュを使っています)

 水はこのくらいの勢いがいいです。 わーい。びびびび。

こうすると入ってはいけないところに水が入る可能性があるのでやめた方がいいです。

 

まずはフレームにじょぼじょぼ。。。

 

ホイールやハンドル周りにもじょぼじょび。。。泥が浮くまでたっぷりかけます。

 

そしてたっぷり水を含ませた柔らかめのタオルで水をかけながらやさしくなでます。 一通り水洗いしたら、、、

先ほどの洗剤をシュッシュッと吹きかけます。100均でこういう小さい入れ物に移し替えて使うと便利です。

 

そして同じようにタオルでやさしくなでます。

 

ハンドルもこんな風に手前からグリっとねじるように洗います。手でやればバーテープを傷めにくいです。

 すると。。。これだけでもこんなにきれいに!!

 前輪だけ外してひっくり返します。スタンドがあるとこんな風に安定します。

 

ここで先に紹介しました、『細い先のとがったもの』を使います!

 

ブレーキのシューに挟まった異物(金属片、小石など)とかき出します。

これを必ずやった方がいいです!!そうしないとブレーキをかけるたびにホイール(リム)を傷めてしまいます。

ブレーキをしたときに『カー』『ガー』『ガシュー』と音が大きかったり、甲高い音がするときは調べた方がいいですよ!

 そしてこのブレーキ周辺は削れて粉になったブレーキのゴムが飛び散っています。こびりついている場合が多いので、しっかり落としましょう。ごしごし。

   

最後にお水を全体にかけて洗剤を流して、できあがり!ほらこんなにきれいになりました。

かるく拭いて、一晩乾かして。。。。

明るい太陽の下で落とし残した汚れを乾拭きして、ワックスをかけたら出来上がり!

チェーンやブレーキを動かして油の残り具合をチェック!

チェーンは手で触って乾いていたり、ペダルを回したときに音が大きいときは注油をしましょう。

これでまた気持ちよく走れます!みなさんも自転車掃除頑張ってください!これも見てみてくださいね~♪

自転車(スポーツバイク)のクリーニングとお手入れ(YouTube)

武蔵小杉店 上野