seocycle BLOG

SPECIALIZED NEW S-WORKS TURBO クリンチャータイヤ2015/06/08

Published by
under

スペシャライズドのタイヤは、ロード・MTB用共に 、その昔から、、

“知る人ぞ知る” 的パフォーマンスを持ったタイヤをリリースしておりました。

ロードバイク用クリンチャータイヤ S-WORKS TURBO がデビューするとその高性能さで、一気に大人気に。

 

スペシャライズドタイヤをメジャーに押し上げた S-WORKS TURBO は、さらに進化です。

SPECIALIZED NEW S-WORKS TURBO 700×24C

IMG_4735

メーカー希望小売価格

税抜き 6,667円

税込み 7,200円 販売価格は、店頭へ

 

MY14=モデルイヤー2014年

新製品の当社比 的な表記かな?

IMG_4740

 

S-WORKS TURBOは、幅24Cと26Cのラインナップ。

相当荒れた路面がライディングのメインの場合や、体格(体重)がビッグサイズの場合以外は、24Cの選択で良いでしょう。

IMG_4734

 

実際に乗ってみると、

一般的ロードタイヤ幅23Cに比べ、太さを持った24CのS-WORKS TURBOは、1C分の太さ以上に安定感というか走破性の高さを感じるはず。

これは、TPIというケーシング(タイヤの骨格のようなもの)が、120TPIと低いことも影響していると思われます。

数が少ないケーシングを採用したタイヤは、太いケーシングを採用するので、全体的なタイヤ剛性が上がるのです。

IMG_4737

 

一般的に高額な高性能ロードタイヤの場合、ケーシングを細くしTPIの数を増やし(360TPIとか)、しなやかさを出しますが、、、

剛性的に有利な120TPIでもしなやかで、転がりも良く、高いグリップのバランス点を見つけた感があります。

実走に実走を重ね、世界的なレースでトップを獲れる舞台で走らせているだけのことはありますね。スペシャは。。

IMG_4742

湘南台店 小野