seocycle BLOG

アメリカの自転車ショー 「Inter Bike 2015」に来ております!2015/09/16

Published by
under

毎年、9月にアメリカで行われる、「Inter Bike」という自転車ショーの見学に来ております。

16日からショーが始まるのですが、その前の2日間に「outdoor bike Demo」という試乗会を行っております。まずはそのレポートから。

20150915_101844_229[1]

会場はショー自体が行われているコンベンションセンターから車で約30分、Boulder Cityというところでたくさんのメーカーが出展していました。

人気のメーカーは予約も多く、待っていても乗れない状態、、、。

20150915_124058_504[1]

こちらはSCOTTのブース。みなさん、FOILがお目当てのようでかなり混んでいました。

また、モデルも比較的サイズが大きいものが多く、小さいサイズは乗れるタイミングがなく、、、、。

まずはこれから乗ってみました。

20150915_111631_328[1]

でかすぎです。

 

これではなく、

20150915_110152_453[1]

Surly の新車、「Wednesday」です。

PugsleyとIceCreamTrackの中間モデルとしての発売。今までのSurlのFATBIKE のいいとこどり、な感じのモデルです。

20150915_110428_374[1]

 

このモデルから採用の「My Another Brother Darryl」

チューブレス対応、とのこと。

20150915_120637_163[1]

 

あわせて乗り比べは「ECR」

29インチ+、という29インチFAT。でツーリングモデル。

自分の体には29はでかいな、と感じてましたがコントロールもよく、かつ、トラクションもかかって登れて、FATの乗り味もある、という何でも来い、な感じのモデル。

26インチほどのアクティブな動きは望めませんが、ロングツーリング、はたまた里山ライドなどにもってこいなモデル。すでに発売から2年、経過しますが改めて試乗してみて楽しい一台でした。

20150915_110126_803[1]

もう一台は参考程度になりますが、「HARO」の日本未発売モデル。

カーボンの29モデルです。やはりXCレースバイク、最高の登りの走りを得ることができます。ラインアップは27.5インチもあるのでそれもお勧め、とHARO ブースの方がおっしゃってました。

 

ここまで乗って、ラスベガスでは珍しい雷雨のため、終了、、、、。

16日からの会場のレポートで。

20150915_090840_739[1]

 

調布国領店 会沢