seocycle BLOG

便乗サイクリング 「ウェア編」2016/02/26

Published by
under

筑波山ライド→ブログ

今回は、着る物!ってことで

サイクリング時の気温は・・・

DSC_0182

2℃でした(体感ではもうちょっと寒かったような?)

スーパー寒がりな私でも、走る時間帯の気温によって

「ウェアを調整することで暖かく走れる!」ってことで

今回の装備は・・・

まずインナーから!

DSC_0251

まず1枚目に夏用のインナーを着用!

負荷をかけて走った時、夏用インナーだと

汗の吸収、速乾が効率よく行える!

冬用インナーなウール系が多く、吸収はするものの、

乾かす力が弱いため、インナーが汗でべちゃべちゃになります。

汗でべちゃべちゃのままだと、寒さで一気に冷えてきます。

その対策として、夏用インナーを1枚着ておけばOK!

DSC_0252

2枚目には、冬用インナーを!

寒さから体温維持するために、

薄手でも暖かいタイプがオススメ!(今はほとんどそのタイプ)

今回私は、ピッタリタイプのインナー(右)

少しゆとりのあるインナー(左)を着用!

着すぎて動きにくくならないように注意!

通常は1枚のみきます!寒すぎてどうにもならん!

って時だけ試してみてね?

ジャケットは・・・

DSC_0253 DSC_0254

中を厚く着た分、少し薄手のものを!

ライダ―スジャケットのように、ジッパーが中央から横へ

ずれていくタイプ!

深い姿勢をとった時に、ジッパーが中央だと首元から

冷たい風が入り込んでくるのでこの構造がとられてます。

※ジッパー中央の物なら「ネックウォーマー」の使用もおすすめ!

胸、腕には小さいジッパーがついてます。

暑くなりすぎた時に、ジッパーを開放する事で

空気が中に入り、クールダウンしてくれる!

いちいち、脱がなくてもOKってことです!

そして、パンツは・・・

DSC_0255 DSC_0256

ビブタイツを使用!

肩までのタイツなら、パッドのズレを気にせず走れ

おなか周りも冷えなくて済みます!

そしてこのタイツにはウインドブレーク機能がありません!?

厚手の素材を2重構造にすることで

低速の時は風を通さず、高速の時はクールダウンする!

魔法のようなビブタイツ!いやーすごいぞ「アソス」!

DSC_0257 DSC_0258 DSC_0259

そして今回のMVPはこれ!

ウインドブレーカー!

これがあるのとないのとでは、寒さの次元が違う!

特にヒルクライムやロングライドなど、気温の変化が大きい時に

重宝してくれます!

薄手の畳めるタイプなら、荷物になりにくく、背中に入れておけます!

DSC_0260 DSC_0261

シューズカバーはくるぶしより少し長めの物!

足首などの間接が冷えると体感で一気に冷えた感じに・・・

ソックスは、冬用ウールソックス!

ヘルメットは通気性がいいものが最近だとほとんどなので、

ヘルメットの下に「サイクルキャップ」を装備すると

頭が冷えにくい!(ただしかっこいいかは別の話)

 

以上!今回の装備編!

スーパー寒がりの私でもここまですれば走れるぜ!

1455864722116

ちなみに船橋ガレージ店には「ウェア」の取り扱いがありません。

お近くの「バイシクルセオららぽーと(北館1F)」に、

ご準備がございますので、スタッフにご相談くださいませ!

 

※サイクリングに関するご相談はいつでもOK!

お気軽にご相談くださいませ!

DSC_0222

こんなのとかあるよ♪↑

バイシクルセオ船橋ガレージ 川又