seocycle BLOG

SURLY DISC TRUCKER フレーム組み 前編2016/08/17

Published by
under

春先に SURLY STEAM ROLLER のフレーム組みの話

させていただきましたが

今回、新たに SURLY のフレーム組みのオーダーを承りました。

お客様にとっての「最高のバイク」に仕上げるため、実に1ヶ月かけて、アッセンブルするパーツをじっくり選んでいきました。

コダワリ抜いた今回は、前・中・後編の3回に分けてご紹介します。

中編はコチラ。

DSC_0271

SURLY  DISC TRUCKER(Frame set )

メーカー希望小売価格

税抜き 74,000円

税込み 79,920円

近年、日本一周や世界で長期ツーリングする際、頼りになる相棒として選ばれることの多い Long Haul Trucker(ロングホールトラッカー)。

ホイールベースが非常に長く、キャリア装着してキャンプ道具を積載時にこそ、本領発揮します。

私も学生時代に組んで、日本全国や海外を走って年季が入ってきましたが、まだまだ現役で走れるタフなフレームです。

Disc Trucker(ディスクトラッカー)は、その名の通り、ディスクブレーキが装着できる Long Haul Truckerで、悪天候に強いメリットはロングツーリングにピッタリの仕様です。

フレーム組みを始める前に、まずはフェーシングを行います。

DSC_0274

入荷したてのフレームは、たっぷりと塗料が乗っています。

このままでもカタチにしていくことも出来ますが、性能をフルに引き出すにはフェーシングが必要です。

DSC_0277

DSC_0289

自転車の中心部、ボトムブラケット( BB )を装着する BB シェルは、キレイになることで BB が真っすぐ取り付けできるので

漕いだときの軽さが明らかに変わってきます。

DSC_0297

DSC_0298

ディスクブレーキを取り付ける部分のフェーシングも抜かりなく。

こちらもブレーキが真っ直ぐ装着できるので、ブレーキタッチが気持ち良くなります。

DSC_0294

DSC_0296

ヘッドセットを装着するヘッドチューブはもちろん

フロントフォークもきちんと面を出して、万全の状態に。

ここをキレイにすると、ハンドリングが非常に滑らかになります。

フレーム内部には当店オススメの防錆スプレーを入念に吹きかけて、ようやく下準備完了。

 

本日はここまで。

 

辻堂店 岐部