seocycle BLOG

新年 自転車メンテナンスで気持ちよく2017/01/05

Published by
under

こんにちは

新小岩北口店です

本日はお客様のご依頼で電動自転車のパーツ交換です

ご依頼の始まりはチェーンがカタカタする。タイヤとスタンドが接触しそう・・・でした

チェックしたところチェーン交換が必要

ということで作業を開始

でちぜ

マットの上に使っていたチェーン(上)と新品チェーン(下)を並べてみました

拡大

でちは

チェーンの端を合わせて・・・

でちし

長さが全然違う・・・

実はこの2本のチェーンのコマ(リンク)の数は同じなのです

チェーンが摩耗するとつなぎ目部分が削られそのつなぎ目が100か所あると・・・塵も積もれば・・で結果上の画像のように長さが変わります

後輪の位置を調整することによってチェーン外れの予防が出来ます

チェーンたるみについての過去の記事はこちら

チェーンの摩耗でチェーン交換のみすると以前から使用している歯車との嚙み合わせが悪くなり歯飛びする場合があります

お仕事で自転車をご利用とのことで安心して乗りたいからこの際

歯車も新品にとのことで

でだ

大ギア(ペダル付近の歯車) 手前が使用していたもの奥が新品

でし

小ギア(モーターの力をチェーンに伝える歯車) 右が新品

削れて変形しているのが分かります

ここが摩耗するとチェーンがスムーズに離れなくなりバチバチとなりチェーンが暴れる場合があります

でで

テンショナー(チェーンの張りを調整する部分の滑車) 右が新品

摩耗して溝が大きくなり歯車の先がとがっているようになっているのが分かります

画像は撮り忘れましたが後輪の歯車も交換し駆動系部品交換し快適に

なりました

お客様のタイヤとスタンドが接触しそう・・・は

チェーンが摩耗していてテンショナーの力だけではチェーンの張りが出せずに

後輪を後ろに引きチェーン調整。張りを出した結果、走行時スタンドを上げるとスタンドとタイヤの隙間が狭くなってしまったというわけです

狭い状態の写真を撮ればよかったのですが・・・すみません忘れました・・

何はともあれ快適でお客様も満足

今回のメンテナンスで

お仕事でストレスフリーな移動を提供してくれるはずです

 

注)交換部品はお取り寄せになりますので取り寄せ日数や費用は

店頭にてご確認いただければと思います

新小岩北口 藤井