seocycle BLOG

ロードバイクのあれこれ2017/02/02

Published by
under

最近サドル(イス)の高さを変えました。

DSC_1214

イスの高さが変わることで何が変わるのか?

今回はそういうお話♪

IMG_2200

サドルが上がることでハンドルまでの距離が微妙に遠くなります。

パイプはまっすぐ縦に伸びているのではなく斜め後ろに伸びているから

これだけの話を聞くと遠くなって乗りづらくなるのでは?となるが

座る位置が変わることで膝の角度が開きます。

IMG_2202

上の画像の時、膝の位置に対してまっすぐ踏み下ろせる位置取りが

理想的とされています。ペダルを漕ぐとき最も力が掛かる位置。

※賛否があるので理想的という表現にしました。

最も力が必要とされている位置に最も力が掛けられる足の位置を

持ってくれば、しっかりと力が加わり前に進む!・・・はず!?

力の入れどころ、ペダルの回し方など、そのあとも色々ありますが・・・

今回はイスの高さのお話なのでそれはまた別の機会に・・・

IMG_2195

サドルの高さがどのくらいなのか?はこちらの計測器で測れます。

ただし、パーツの仕様などで誤差は出てしまいますが

計測結果から±1cm?といった感じでしょうか?

実走をふまえたうえで、最終的にこれだ!!っといった感じで

決まると思います。今回はそこからの変更!

以前までは70.5cmだったのが、今回は71.0cmと0.5cmアップです!

完全にフィットするにはまだまだ時間がかかりそう・・・

DSC_1228 DSC_1229

ちなみに・・・それにともなってサドルがやや前上がりに

ブラケットがやや上向きになった模様・・・

パーツが変わることで乗り方が変わる!いや~奥が深い!

アンカーフィッティングもベースとして今のような位置取りで

フレームサイズ、パーツの長さが算出されます。

初めてのロードバイクにアンカーをオススメするのは

ただ単に、私が「アンカー好き!」なだけではないんですよ?

 

最後まで読んでいただきましたお客様

ありがとうございました。今回は商品の紹介一切なしの

ロードバイクのあれこれでした!おあとがよろしいようで・・・

 

「毎週水曜日は定休日」でございます。
営業時間10:30~19:30まで
電話番号 047-498-9211
国道14号線沿いの黄色い看板が目印♪

funabashikeibajoueki1

バイシクルセオ船橋ガレージ  ANCHOR 川又