seocycle BLOG

スマートエアポンプM1 携帯電動ポンプ(山口店)2017/02/25

Published by
under

各メディア等で話題になっている電動ポンプ入荷しました。
IMG_20170224_204011[1]
メーカー希望小売価格
税抜き11,500円
税込み12,420円(販売価格は店頭で)

電源を入れると液晶パネルが点灯し右側に空気圧の単位が表示されます。
IMG_20170224_204033[1]
右上の「U」ボタンを押すと単位の切り替えができ「PSI」以外に
「BAR」「KPA」「Kg/cm2」が選択できます。
IMG_20170224_204133[1]
専用ホースを使用します。こちらは仏式、米式に使え付属のアダプターを使うと
ボールやゴムボートなどにも空気が入れられます。
IMG_20170225_101700[1]
液晶表示側の反対側にホースを取り付けるようになっています。

バルブに空気入れを取り付け、設定圧をセットします。(今回は1.5BAR)
IMG_20170225_102033[1]
後は左の電源ボタンを軽く押すと「ポポポポポ」と音を出しながら空気が充填されていきます。
IMG_20170225_102104[1]
空気は設定空気圧になると、自動的に止まる優れもの!

使ってみた感じは、とっても楽チン!細かい空気圧を設定できますので、
今まで出先でパンクした際、漠然と入れていた空気圧もこれなら、バッチリ分かります!

また、MTBで自走で山へ行かれる場合、行きのアスファルト区間は楽に漕ぎたいので空気圧高めに設定。
山へ着いたら空気圧を落として乗り、帰りは空気が少ない状態でアスファルト区間を走るって経験が多々あると思いますがこれなら、その辺りの不満が一気に解消!
まず空気圧を落とす際に、ある程度まで空気を抜いて、その後これで空気を入れれば、お好みの空気圧にセットできますし帰り道では、空気を入れている間、補給食を食べたりするなど休憩が出来ます。
今までは無理でしたよね!

これはロードでも言えまして、パンクした際などで空気を入れている間は休憩が出来ます!
ビードの確認は必要ですが、今までご自身が一生懸命空気を入れたり、またはグループで走っている際は、
誰かが一生懸命入れたりしていた時間が、休憩時間に早変わり!SNSのチェックや「これで空気を入れていま~す」というネタ作り?にも持って来い!

「我こそは!」と思われる方、いかがですか?

Facebookページ

山口店 三明