seocycle BLOG

Blackburn CENTRAL200 このライト、イイかも2017/04/01

Published by
under

スポーツバイクのほとんどの車種には、ヘッドライトが付属していませんので選ぶ必要があります。

ロードバイクやMTBで夜間に“マジ走り”するに時は、800ルーメンを超えるような明るいライトが必要ですが、

クロスバイクなどで夜間、街灯有りの場所を街乗りするレベルであれば、価格も考慮して200ルーメンくらいのライトがちょうどイイかな。

ブラックバーンの200ルーメンライトを入れてみましたが、

このライト、イイかも~

 

Blacklburn CENTRAL200

IMG_0135

メーカー希望小売価格

税抜き 4,400円

税込み 4,752円

 

通常点灯は、HIGHモードで200ルーメン、LOWで100ルーメン。

点滅モードは通常の点滅と、明かりの強弱で点滅するパルスモードも搭載。

バッテリー残量は3段階で表示と、必要なスペックはひと通り搭載。

IMG_0136

 

リチウムポリマー充電池式ヘッドライトの代表的ライバルとして、

価格も近く、明るさも200ルーメンと同等の キャットアイVOLT200 と、照射対決をしてみると、、

IMG_0142

 

👇キャットアイVOLT200で照らした場合。

照らしている範囲は明るいです。

ただ、照射範囲は狭いかな。今まであまり狭いとは感じなかったけど。。

IMG_0141

 

👇同じ地点から同じような距離を、

Blackburn CENTRAL200で照らした場合。

中心の明るさはキャットアイに負けますが、照射範囲が広く、その範囲内がソコソコの明るさを保ってます。

好みはあると思いますが、コッチの方がイイかも。と、感じるかな~

IMG_0140

 

もう一つの特徴として、👇“IP-67”の表記

防水・防塵のレベルなのですが、ほぼ完全防水のレベルです。

IP-67で検索してくださいまし。。

かなり軽いし、落っことしてもぶっ壊れなさそうな質感。

シンプルなフェイスに似合わず、タフ野郎です。このライト。

IMG_0137

 

シリコンバンドで、イロんなトコロに装着可。

通気穴のあるヘルメットにも装着の相性が良いらしい。

夜間走行に必須のヘッドライト。

賢く選びましょ。

IMG_0138

湘南台店 小野