seocycle BLOG

シクロクロスとディスクロード(上尾east店)2017/04/09

Published by
under

[種類が多くて分かりにくい?]
2017-04-05 10.17.262017-04-05 10.15.56
この間のお休みにマウンテンバイク体験&シクロクロス体験会を行いました。天気は快晴サイクリング日和です。初めてのマウンテンバイク、初めてのシクロクロス、楽しんでいただけたようです。

2017-04-05 10.57.462017-04-05 11.26.24
そんな中で質問に出てきたのが「シクロクロスとディスクロードは何が違うの?」でした。これ確かに分かりにくいですね。基本的にはジオメトリーというポジションを出すための数値が違います。一番の違いはボトムブラケットというクランクの取り付け位置がロードに比べシクロクロスのほうが高くなっています。シケイン(障害物)等を乗り超えないといけないですからね。※指が移っているのはご愛嬌です。

2017-04-05 10.58.542017-04-05 10.58.47
左がディスクロード、右の赤いのがシクロクロスです。車体を見比べてみると大きく違っています。パッと見はシクロクロスのほうが固そうに見えますが乗るとそうでもありません。逆に適度にしなるので突き上げ感も少なく路面へのかかりも良い感じです。ロードのほうが突き上げ感がありますね。これは使用されているカーボンの繊維の違いも影響しています。

2017-04-05 10.57.572017-04-05 10.58.09
リアバックを後ろから見るとこんな感じ。ディスクロードはタイヤクリアランスで使用用途が大きく変わります。写真のモデルは「RIDLEY X-TRAIL C」フレームのタイヤクリアランスは36mmです。その為シクロクロス用のタイヤでも問題なく取り付け可能です。タイヤクリアランス28mmまでのモデルではこの使い方は出来ません。ディスクロードを検討している方はここを注意して選びましょう。

2017-04-05 10.58.352017-04-05 10.58.24
フロントフォークを見てみるとシクロクロスのほうがごついです。荒れた路面を走るのに最適な強度と振動吸収性を持っています。「RIDLEY X-TRAIL C」のフロントフォークはタイヤクリアランス38mmこちらも余裕がありますね。

2017-04-05 11.00.242017-04-05 11.00.43
後はフロントのギア比でしょうか。ロードは「50x34T」、「52x36T」などを使用している方が多くシクロクロスは「46x36T」を使用している方が多いです。アウター「46T」のほうが後ろ側のギアを幅広く使用できます。シクロクロスの場合軽いギアでくるくるペダルを回すより少し重めのギアでトルクをかけてペダルを踏んだほうが進むので「36T」のほうが登りやすかったりします。これもおもしろいですね。

興味をもったお客様!ディスロードやシクロクロスが欲しい!と思ったらご相談くださいね。

上尾east店HP
上尾east店 Facebookページ(フェイスブックページ始めました!)

※お車にてご来店の際は提携コインパーキング「Times」・「SANパーク」をご利用ください。¥2,000以上のお買いもので60分の駐車券を差し上げています。(お店から上尾駅に向かって右側 1番目が[Times]、2番目が「SANパーク」です。)

バイシクルセオ上尾イースト店 丸山 崇紘