seocycle BLOG

Haro Flatmaster ’87レプリカ 入荷しました!2017/05/17

Published by
under

こんにちは、調布国領店です。

BMXフリースタイル発祥のブランドといってもいい、Haro Bikes  ですが、ここ数年、ビンテージシリーズをリリースしております。が!いつも本国にオーダーした量しか生産せず、カタログなどもなく、幻のように商品が発売されている状態です。

今回、ご紹介するフレームは1980年代の日本のBMXブームのときに人気のあったデザインを復刻したものです。

Haro Lineage Master Flatlandframe

メーカー小売希望価格

税抜き 58,000円

税込み 62,640円

見た目のフォルムはまさに当時を彷彿させるデザインです!

当時のカタログがこれ。ね、そっくりでしょ。

昨年は '86年バージョンを発売したのですが、日本国内の入荷は2本だけでした、、、、。

今年は買いそびれがおきないよう、しっかり押さえましたよ!

で、スペックなども公式のホームページでもよくわからないので詳しくご紹介します。

ヘッドはもちろん、今、標準のOSアヘッド、インテグラルヘッドです。ヘッドアングルはトラディショナルな74.5°です。

ジャイロタブももちろんついてます。

このダブルトップチューブが特徴ですね、このモデルは。懐かしいです。トップチューブ長は19.5インチ、いまどきとしてはフラットもストリートもどっちもこなせる、といったサイズ感になります。ビギナーの方にもぴったりのサイズです。

リヤセンターは、13.25 ~14インチとかなり幅を持たせてます。

これは近年の短いリヤセンターと、oldschool、いわゆる昔乗っていた方がまた同じように乗りたい!という2つのサイズ感を出すためです。ドロップエンドは14mm。昨年のタイプはチェーン引きが内臓でしたが、今年はなくなってます。

リヤブレーキはシートステイに取り付けです。脱着式のブレーキマウントが付属します。ブレーキ周りの取り回しはストレートタイプ、Uブレーキのアームにかかるワイヤーをそれぞれ直接引っ張る構造です。(ジャイロを使う前提のブレーキ構造ですね。)

賛否両論かと思いますが、個人的には残念です、、、、。セッティングも出しにくいし、見た目が、、、、。次期のモデルに期待です。シートアングルは70°です。

塗装はステッカー貼り付けではなく、塗装前にプリントして塗装しているので傷などでロゴが消えなくなってます。手が込んでますね。

BBはMIDBBを採用しております。

 

シートチューブに注意書きが。「Neon Paint May Fade」だそうです。色褪せるぞ、ってことですね。

ということは、乗るようと観賞用がいるって事!?

確かにきれいな塗装です。

重量は2.38kg、フレーム形状のせいでしょうか、軽くはないですね、、、。

高すぎないBBハイト、短かすぎないチェーンステイ、立ちすぎてないヘッドアングル、、、、とオーソドックスな設計ですがそれだけ、どんなタイプのライダーにもきっとフィットしますよ。

店頭でじっくり見てください!

ご来店、お待ちしております!

会沢

営業時間 10時~19時30分

定休日 水曜日

(自転車イベント参加などで臨時休業もあります。ホームページ ←クリック! でご確認ください。)