seocycle BLOG

GIANT MR4 R ハンドルバーのハナシ22017/06/24

Published by
under

2017年モデルをもって生産終了

の、アナウンス依頼 GIANT MR4 の納車ラッシュのセオサイクル湘南台店。

 

お買い上げいただいたたくさんのお客様、誠にありがとうございます。

湘南台店MR4デモ車も用意し、MR4研究に余念のないセオサイクル湘南台。

 

MR4 Rオーナーに送ったブログ、

ドロップバー仕様の“R”の、セパレートハンドルをご紹介した、

GIANT MR4 R ハンドルバーのハナシ(👈クリック)

 

の、つづき。

外したハンドルバーの正確な取り付け方法のご紹介です。

👇モデルはセオサイクル湘南台MR4 Rデモ車、改造中ストリップ姿です。

 

 

このドロップバーは左右セパレート構造。

へたっぴに装着すると、左右の角度がズレる&左右の長さが違うぅ。ううう、、、

と言うことになってしまいます。

 

MR4 Rの専用ドロップバーは、竹をナナメにスパッ と切ったような断面。

この面がピタッと合わされば、左右のズレがありません。

ここまで、わかりますか~ わかりますよね~

 

ハンドルセンター部の筒の中で、イイ感じに合わさればOK。

イイ感じの合わせ方のご紹介です。

 

左側のハンドルから装着します。

 

左ハンドルに目印的なモノが見えますよね。

左ハンドルを収める長さの目安と、角度を合わせる目安の印です。

 

ハンドルのセンター部の筒のふちに対し、指さす縦線を目安にこのくらいまで突っ込むと左右の長さが同じになります。

ドロップの角度は、ハンドルセンター部の数値が目安。

ハンドルセンター部の“0”と、指さす横線の一致をちょうど良いポジションにしておきます。

抜いたハンドルは“0”を目安に固定すればOKなのです。

突っ込む量と、角度がOKなら、左ハンドルを固定します。

わかりますよね~

 

次に、

左ハンドルを突っ込みます。

 

こんな作業ポジションで、右ハンドルをしっかり左ハンドルに密着させます。

センターの筒の中で、左右セパレートのハンドル断面がかみ合っている状態をキープし、

固定。

 

ハイ、

左右のズレ無くセパレートドロップバーの固定ができました。

 

よく考えられていますね、

MR4は。

湘南台店 小野