seocycle BLOG

ARGON 18 GALLIUM PRO 3DHEADTUBE SYSTEM2017/07/03

Published by
under

お客様のオーダーで入荷しました、

ARGON 18 GALLIUM PRO ASTANA TEAM REPLICA FrameSet

 

ありがとうございます。

カッコイイですね~

 

完成車への組み立てもオーダーいただいております。

 

丁寧なツクリと、高品質と、さらにIQの高さをヒシヒシと感じる ARGON 18 のバイク。

ARGON 18の特徴的ファンクション、“3D HEADTUBE System” のご紹介です。

 

 

ロードバイクのハンドルの高さというのは、ライダーの好みにより高かったり、低かったり様々。

さらに、同一ライダーでもバイクに乗り込んでスキルが上がっていくと、ハンドル高を低めたり。

 

通常、フレームのヘッドチューブの長さは決まっているので、ハンドル高を調整する場合はスペーサーで調整します。

ハンドル高を高くしたい場合は、当然積むスペーサーの量が多くなります。

スペーサーを多く積み重ねたステアリングコラムは、アッパーヘッドベアリングとステムまでの距離が離れるので、ハンドル剛性が落ちる問題が出てしまいます。

 

“3D HEADTUBE System”は、この問題を解消すること。

“3D HEADTUBE System”を採用するARGON18のフレームには、ヘッドチューブを延長させる“カラー”のようなパーツが付属しています。

 

ヘッドチューブを延長させない0mmと、15mm延長と、25mm延長の3種類のヘッドチューブ長が選べます。

当然、延長カラーの上部にアッパーヘッドベアリングがセットされますので、ベアリング~ステムの距離を短くセットできます。

 

元々のヘッドチューブは短いので、ハイレベルなレースに参戦するライダーなど、、

極限までハンドル高を下げる必要のあるライダーにも有効ですね。

頭の良い設計です。

 

このお客様はハンドル高をはじめ、ポジショニングの為の数値を明確にオーダーいただいたので、その数値に一番近い25mm延長で組み上げました。

 

“3D HEADTUBE System”の効果は乗ればわかります。

フレーム全体の剛性感が統一されていて、ヘッドまわりの剛性感も見事に一致しています。

剛性不足、過剰な剛性も無いので、ハシリに驚くほどの軽さを感じます。

まあ、実際の重量も軽いのですが(この仕様で約6,6kg)。

“3D HEADTUBE System”は、バランスの良さに大きく貢献してます。

ARGON 18 GALLIUM PRO ASTANA TEAM REPLICA フレームセット は、

税抜き 364,000円

税込み 393,120円

 

 

ノーマルカラーは、当店在庫有り。ご覧いただけます。

ARGON 18 GALLIUM PRO フレームセット

税抜き 344,000円

税込み 371,520円

 

乗りやすく速い、GALLIUM PRO

すごくイイです。

湘南台店 小野