seocycle BLOG

コラム:ハイドローリック ディスクブレーキのメリット その22017/07/04

Published by
under

ハイドローリック ディスクブレーキのメリット その1

につづき、

今回は、その2です。

 

ディスクだろうがドラムだろうが、自動車のブレーキ経路はほとんどハイドローリックです。

自動車のブレーキはブレーキパッドの減り以外、

劣化が疑われるブレーキフルードを車検毎に交換するくらいでブレーキ調整などしない、言わばメンテナンスフリーに近いですよね。

 

ハイドローリックは、ブレーキパッドが減ってもその分キャリパーピストンが繰り出て一定のストロークをキープするので、アソビ調整が不要(できない)構造なのです。

この構造は、自転車のハイドローリック ディスクブレーキも基本的に同じです。

 

メリット②は、

ハイドローリックディスクブレーキは、メンテナンス頻度が少ない

と言えます。

 

 

しか~し、

“メンテナンス頻度が少ない。” と言っても、

クルマでサーキット走行を行ったり、チューニングカーでのハードなスポーツ走行など、ブレーキの温度が通常走行よりも上がるような使い方であれば、

ハイドローリックでも “細かい頻度でのメンテナンス”  が必要です。

 

自転車のハイドローリック ディスクブレーキも同じです。

 

例えばMTB DHシーン。

コンディションの良いDHライドではトップスピードが上がり、ハードなブレーキングも可能になるので、ローターをはじめブレーキに関わるパーツ&ブレーキフルード(ミネラルオイル)の温度は高温になります。

 

しかも、「オレ、そんなに飛ばせないから。」 というライダーの方がブレーキに負担がかかるモノです。

DHトップライダーの方がコーナーやセクションでのボトムスピードが高いので、一般的なライダーよりもブレーキを掛ける時間が短くてもクリアできてしまうモノです。

一般的なライダーほどブレーキを常に引きずり、ブレーキをリリースする時間が少ないのでブレーキが冷めず蓄熱されていく、ブレーキにとって過酷な状況となります。

山走りするMTBライダーは、ブレーキメンテナンス頻度を上げましょう。

 

 

ディスクロードでは、、、

軽量性が求められるロードバイクのディスクブレーキシステムは、ローター径も小さくキャリパーもコンパクト。

小径ローターとコンパクトなキャリパーは、より大きなブレーキシステムに比べ放熱性が劣ります。

 

ハイドローリック ディスクロードで平地メインで走る場合は、メンテナンスフリーに近いシステムと言えますが、

上り好きなライダーは要注意。

上れば下りがあります。

 

メリット② ハイドローリックディスクブレーキは、メンテナンス頻度が少ない

ただし、

ブレーキシステムが高温になる使い方が多い場合は、メンテナンス頻度を上げてね。

という一文を追加です。

 

的確なブレーキメンテナンスは、セオサイクル湘南台店まで。

 

湘南台店 小野