seocycle BLOG

今年も行ってまいりました、アメリカ、インターバイク2017/09/29

Published by
under

こんにちは。

今年もアメリカ最大の自転車展示会、" Interbike "に行ってまいりました。

ラスベガスのカジノ街にある、コンベンションセンターが会場です。

ここで受け付け(参加者登録)をします。毎年、陽気なボランティアの方たちが迎えてくれます。

ここから車で40分くらい離れた郊外へ。

と、思ったら、、、。いろいろあります、、、。

そしてボルダーシティのマウンテンバイクパークへ。遠くにフーバーダムが見えます。

会場にはこんなメーカーのかっこいい車いっぱい!(写真一枚ですけど、、、。)

実は、今回でこの場所での試乗会は終わり、ということも?あり、出展社数が少なかったです。例年の1/5くらいでしょうか。

完成車メーカーは特に少なく、目立ったのはシマノが先日国内発表した、E-Bike Sport , スポーツ電動アシスト自転車、ですね。

 

ほとんど、このタイプばかり。日本でも展開する、シマノ”steps"、日本もサポート体制が始まった、” bosch "、この二つがメインでした。さまざまなバイクメーカーがこのモーターを採用してました。

新しいタイプのプロテクター ” G-Form "も出店。新型のエクストリーム向けのプロテクターの試着会をやってました。多くのMTBライダーが使用しているこのパッド、とにかく薄くて軽い。でもしっかり体をサポートします、という優れもの。

懐かしい、Ventanaのフレームに搭載しているのは、内装なのに18段!?ギヤの " Pinion "というブランド。レスポンスも軽くシングルのような取り回しでこのシフトの数を実現。

しかも、駆動方式が、

 

 

分かりにくいですね、、、。カーボンベルトのチェーン、、、、、? 非金属のベルトドライブ方式です。この上記の二つでメンテナンス性能が一段とアップですね!

日本でもお目にかかるブランド、" CrankBrothers "も出店。

このシートドロッパーになぜか人だかりでした。いろいろなブランドがありますが、MTBのライディングには必需品になりましたね。

人気の高い、タイヤブランド、" Continenntal "も貸出タイヤとしてホイールから貸し出してました。

MTBでの評価も高いタイヤ。

ここのMTBパークは入り口付近から下の道路はロードバイクコースとしてりようされています。

  

完成車に搭載されているメジャーブランド、" FSA "も電動シフトのモデルを展示しておりました。

非常に人気があったブランド、 " Pivot Bike "ですね。常に人だかりで試乗の自転車にありつけなかったです。

個人的には、、、

" Patrol "がお気に入り。日本での販売はまだかな、、、。

 

で、この自転車に試乗しました。

Haro の上位機種モデルです。(日本発売未定)

スイッチパネルと、操作パネル?スイッチが分かれてハンドルに収まってました。

乗った感想は、「すんご楽しいです。」でした。登りもしっかりトラクションがかかり足腰の負担も非常に少なく済みます。

これ、登れないだろ~っという坂も立ちこぎせずに到着しました。だろうな。

ちょっと高台でパシャリ。お取引会社のモトクロスインターナショナルの中井様と一緒に走りました。

とにかく、MTBでのフィールドの使い方も変わるし、乗り手も一気に変わる、おもしろい自転車です。

これなら、長距離などに自信がなくても、すいすい。体力に自信がない方でも十分すぎるくらい、MTBとして乗れます。

E-Bike Sportは来年に向けて日本でもたくさん見る機会、乗る機会もあると思います。ぜひ足を運んでください。

なんだかんだで半日、乗りっぱなしでした、、、。

 

夜はここでガッツリ体力を復活させるべく、肉食べまくりでした。翌日からは本会場でインターバイク初日です。

続きはまた、、、、。

 

調布国領店

会沢