seocycle BLOG

BELL FOMULA MIPSヘルメットで安全性UP (山口店)2017/12/05

Published by
under

BELLのニューモデル FOMULA MIPS(フォーミュラ ミップス)が入荷してまいりました。

自転車に乗るのに絶対欠かせないアイテムがヘルメット。
今回ご紹介するヘルメットのFOMULAには、更に最先端の安全技術「MIPS」が搭載されてリリースされました。

初めて聞かれる方も多いかもしれないこの言葉「MIPS」(ミップス)

このシステムを簡単にご説明します。

「MIPS」は、スウェーデンの脳科学者によって開発された最先端の安全技術。転倒などでヘルメットに衝撃を受けた際、ヘルメットと頭の間に設定された低摩擦性の層(スリップ・プレーン)が滑り、ヘルメットの外層と内層をわずかに回転させることで致命傷になりうる脳への衝撃を減少させる仕組みになっています。

こちらが実際のヘルメット内部。真ん中の光沢が有る丸い部分に注目。

力が加わると、この内部部分が動きます。(丸い部分が動いているのがお分かりになります?)

けど、ここで疑問がわきますよね。「なんで回転させると良いの?」という疑問です。
例で上げますと、壁の前に立って頭を軽く打ち付けた場合、打ち付けた方向とその逆方向に力がかかります。
(壁に衝撃が有りますが、頭にも衝撃が来ます。)
この状態だと、ヘルメットを被っているとその衝撃に対してヘルメットが衝撃を吸収してくれます。

ただ、自転車に乗っている場合、その条件が変わってきます。
そうです、走っているのです。走っていなくても自転車に跨っているとその高さから頭が振り下ろされる状態になります。
当然、地面や物に頭が当たる時は、ある程度の速度と角度が付いてきます。という事で「回転運動」が発生します。
回転運動とは、 回転エネルギー(角速度)と角加速度から生じた回転力が組み合わさったもので、これらが脳に伝わった場合には 軽度から重度の脳損傷を引き起こす危険性があります。
MIPSを搭載したヘルメットは、回転させる事によって回転エネルギーと 回転力を吸収し、方向を変えることで回転運動を減少させ、より少ないダメージにするという事なのです。

こんな感じで動いてくれます。
少し長くなりましたが、なんとなくイメージできたでしょうか?

そしてこのヘルメットにはBELL独自のスリップ・プレーンとフィッティングシステムを統合した「インテグレーテッドMIPS」システムを搭載。フィッティングシステムとともに一体設計することで、縦・横・幅の3方から頭部全体を包み込むようなフィッティングになっています。

(黄色い部分とそれに接しているプラスチック部分になります)

ここまで書くと随分”高額なヘルメット”と思われるかもしれませんが、なんと
メーカー希望小売価格
税抜き13,000円
税込み14,040円 なのです。

老舗ヘルメットメーカーであるBELLの安全に対する思い入れが伝わってきます。

ヘルメットのご購入がまだの方、買い替え時期の方、この機会にいかがでしょうか?

Facebookページ

山口店 三明

Related Posts