seocycle BLOG

ROVAL RAPID CLX502018/02/06

Published by
under

この製品を入荷した経緯からご説明が始まります。

店長のびみょーに長いブログに関して、少しだけお付き合いくださいませ。

 

店長の寝起き日課として、スマホで自転車コメント、ブログを

読み始めるところから始まります。

話しは昨年の春頃?(もっと前からかも?)あたりから

いろいろなサイトやレビューを見ているとコチラのホイール

ROVAL RAPID CLX50がなかなかに良いホイールと書かれている。

気になっていたが注文する前に昨年は予約完売してしまい

入荷ができず・・・

そんなモヤモヤしていたのですが、18年のオーダーの際に

さっそく注文予約。待つこと約半年ほど

本日入荷してきました!

フロント、リア別売りでの販売方式!

ただし、前述でもお話した予約完売するほどなので片側購入は

なかなか難しいかも・・・

スペシャライズド「ROVAL RAPID CLX50」

メーカー希望小売価格(前後ペア販売価格)
税抜き 275,000円
税込み 297,000円

 

店長のホイール所持の流れ

完成車ホイール(8s)(家に保管中)

デュラエース 7850C24(諸事情により手元になし)

マヴィック キシリウムSLS(諸事情により手元になし)

ファストフォアード F6R(64mmハイト)(諸事情により手元になし)

マヴィック R-SYS SLR(レンタル品)

マヴィック キシリウムSLE(エグザリット)(先輩にぶんどられる)

マヴィック コスミックカーボン40エリート(家に保管中)

マヴィック キシリウムプロカーボンクリンチャー(家に保管中)

フルクラム レーシング3(家に保管中)

マヴィック コスミックカーボンSL(家に保管中)

に至る。(マヴィック多いな・・・)

私の身長は172cm、体重58kg

ハイトが低い、高いを色々使って見ての感想としては

ハイトが低い方が走り出しから加減速のメリハリが効きやすく

使いやすかったという印象なのでハイトが低いものを使っていましたが

40エリートを手に入れてから少し感じ方が変わり始める

ハイトが高くなると立ち上がり(走り始め)は当然鈍くなるが

走り出した後の進みはすごく良くなった

力を入れなくても前に進む感覚が感じられたと思っています。

それに合わせて、ハブ内のベアリングをセラミックに打ち変えたりして

回転力を向上させたことによって立ち上がりも緩和した印象

そして本題へと戻る。

今回CLX50を入荷させた理由として

・ハイトが50mmであること

・セラミックベアリング仕様であること

・リム剛性が高いこと

この3つが決め手になったことである。

1つずつ説明すると(捉え方は違うので参考までに・・・)

・ハイトが50mmであること

画像右はキシリウムプロカーボンとCLX50の比較

パッと見の印象は確かにハイトは違うが想像しているほど

ハイトが高すぎない点

以前F6R(64ハイト)を使用した時

走り出すと良いのだが、走り出しまでがなかなかきつい

ずっと走り続けられる状況下なのなら問題はないが

止まって進んでを繰り返すとその部分がストレスとなり

最終的に使わなくなってしまった。

コスミック40エリートは良い意味でグレーゾーン

立ち上がりは少し重いものの、走り出した後の恩恵は大きい

ただし、もう少し高くてもいいかな?という所

ここ数年はミドルハイトのホイールがとても多い

扱いやすいのだが、サイクリングとしてゆる~く楽しみ

かつ、サイクリング中にスピード出すぜ!という状況の時

スピードの維持のしやすい方が走りの幅が増えるのではないかと思う

当然デメリットもあるものの、それ以上にメリットが多く

サイクリング中の恩恵が高いのがポイント!

・セラミックベアリング仕様であること

ホイールが回転する中心部分のベアリング

これは多くは語らなくても大丈夫かと思うが

当然のことながら「回り続ける方が進むし、楽しい!」

CLX50のベアリングは「セラミックスピード社」が出している

セラミックベアリングを採用(プロ選手も使っているパーツ)

メンテナンスも必要ではあるものの、これもその手間以上の

恩恵が走りで体感できる!

セラミックベアリングは一度体感するとなかなか・・・

貧脚な私でもスピードが出せちゃうくらいの代物ですよ

・リム剛性が高いこと

・リム剛性が高いこと

良く進むホイールを作るにあたり重要となるのは「リム」

この硬さがスポークの本数から走りの質を左右している

詳しくは「リム剛性」で検索してね!

剛性が高ければ高いほど走っている時のロスが少なくなり

余計な力を入れなくてすむ。

私が不定期に上げていた私の自転車が載るたびに

「ホイールとバーテープが変わるね!」なんて言われていた時期

デュラエースC24からキシリウムプロカーボンに戻したときは

全く別物になったくらい体感はできる良さは感じた

だんだんと話が脱線し始めてきたので(あと長くなりすぎた・・・)

付属でホイールバックが付きます!

あとチューブレスレディにもできるピン?が付いてくる

※チューブレスレディにも対応していますが

通常よりも空気抜けが速いそうでクリンチャーとして

お使いいただくのがよろしいとのこと

カーボンブレーキシューもね!

 

最後に、ここまで読んで頂いたお客様、ありがとうございます。

ROVAL RAPID CLX50を一言で表現すると・・・

すげー欲しいホイール! byてんちょー

色々所有ホイールで確かめていくと

隙がないホイールだなぁ~と感じて

ゴクリ・・・

ちなみに今現在ですと、次回入荷は4月以降だそうです!

そもそも予約完売したら終わりですが・・・

お探しのお客様はお早めに~♪

ご来店お待ちしております。

 

GIANT(ジャイアント)&ANCHOR(アンカー)試乗会開催!←クリック!

 

「毎週水曜日は定休日」でございます。
営業時間10:30~19:30まで
電話番号 047-498-9211
ご来店の際は、最寄り駅京成線「船橋競馬場駅」
船橋競馬場駅から14号沿いに西船橋方面に歩いて約5分ほど
黄色い看板が目印です!

funabashikeibajoueki1

バイシクルセオ船橋ガレージ 川又