seocycle BLOG

店長サイクリングシリーズ。チューブレスホイール導入編「まずは準備から♪」2018/02/25

Published by
under

皆様こんにちはバイシクルセオテラスモール湘南店 大町です。

段々、暖かくなってきましたね~。

そろそろ新シーズンの準備ですね~。

さて、私は今期「チューブレスホイール」を導入しようかと考えまして、こちらを購入しました!!。

↑NEWホイールを得てご満悦の店長の図。

今話題の「MAVIC キシリウム プロUSTチューブレスホイール」です!!。

↑現在のホイールはフルクラムのレーシングクワトロカーボンです。

現在使っているレーシングクワトロカーボンも気に入っています。

平地は最高です、「だが、しかし」ヒルクライム時のたわみ感とカーボンリム故の下りの不安感(単にテクニックの問題?)が気になっていました。

ヒルクライム、ダウンヒルに強いホイールが欲しくて色々検討した結果。

「MAVICキシリウムプロUST」を導入しました。

ポイントは。

アルミリムの剛性感(下りに強い?)、アルミスポークのダイレクト感(登りで有効?)、USTチューブレスの転がりの軽さ(新技術の目新しさ?)です。

普段通勤でキシリウムDISCを使っていてるのですが、その耐久性の高さ、回転体としての性能の良さは毎日感じています。

なのでMAVICは個人的に信頼しています。

「低圧でも転がりが軽い!!」とか「剛性感がスゴイ!!」とか言われると気になっちゃいますよね~。

まだ使ている人も少ないので流行を先取りできる?とか色々考えました。

というわけで装着の準備です~。

タイヤをはめます。

もちろんチューブは入ってません!!。

専用タイヤは非常にしなやかな感触。

タイヤをはめるのは非常に簡単です。

普通に入ります。

一昔前のチューブレスのイメージとは全然違いますね~。

何と簡単に入ること、これは驚きです。

優しくはめていきます。

乱暴に扱うとエア漏れの元ですからね~。

フロアポンプでビードを上げます。

(チューブレス専用のポンプとか要りません♡)

ビード(タイヤのフチ)が上がらなくて苦労をした経験がある私にとっては驚きの上がりやすさです!!。

ほら、かんたんでしょ!!。

今までの苦労は一体何だったのか・・・。

さすがMAVICです。

ちなみにタイヤもフランス製で専用タイヤです。

ビードが上がったらバルブコアを外します。

工具は付属してきますので安心してください。

コアを抜いたらシーラントの用意!!。

シーラントを入れないと空気が抜けちゃいますよ~。

これも付属します。

注射器も付属してましたが、直接本体を刺しこんで注入しました。

そしてバルブコアを締めます。

ちょっとこぼしましたが、拭き取ればOKです。

空気を入れていきます。

適正空気圧まで上げます。

空気が入ったら、シーラントを行き渡らせるためホイールを回します。

コレで準備完了です。

チューブの噛みこみの心配も無いので意外とユーザーフレンドリーなシステムです。

もしパンクした場合はチューブ入りにしてすぐ走り出せますしね。

後も前も準備完了です!!。

さて、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

次の休みに山(箱根、ヤビツとか?)で試します。

でも、寒いから海(三浦、熱海)にしようかな~?。

次回をお楽しみに(笑)~。

 

バイシクルセオテラスモール湘南店 大町