seocycle BLOG

暖かくなったので「空気の入れ方」復習しましょう!トレッサ横浜店2018/03/09

Published by
under

こんにちは。トレッサ横浜店です。

明日は土曜日!自転車日和になるといいですね☆

そんな自転車日和を迎える準備はできていますか?

「暖かくなったので自転車に乗ろう!」と思ったら・・・

空気が抜け写真のようになっていたりしていませんか??

今回は空気の入れ方を忘れてしまったとの声が多いフレンチバルブ(仏式)編です!

この記事を見ながら復習しましょう!

①まずキャップを外します。

②空気入れ口(バルブ)先端の小さいネジを緩めます。

③緩めた小さいネジを上から軽くポンッとプッシュしてください。

 

空気がプシュッと抜けます。

ここがポイント!

コレを行う事で空気が入りやすくなります。

 

続きまして

④空気入れをセットします。

⑤レバーをしっかり奥まで差し込みレバーでロック。

 

⑥タイヤ側面に記載されている適正空気圧をチェックして空気をいれます。

 

⑦適正空気圧範囲内に上がったら口金のレバーロックを倒し真っ直ぐに外します。


⑧そして空気入れ口(バルブ)の先端の小さいネジを軽く締め、キャップをつけて完了です。

  

*車体の状態によってはタイヤの劣化やチューブの噛みこみなども考えられるのでご注意ください。

不安な場合はお気軽にお問合せください。お持ちいただければタイヤの状態などもチェックします。

 

この春は自転車を楽しみましょう!

不安なことがあればいつでもお立ち寄りください。

車体ご購入時には「ブレーキ操作、ギアチェンジの使い方、空気の入れ方や注意点など」お伝えしております。

初めての方でも安心して自転車を楽しめるよう心がけております!

では気持ちよい自転車生活をお楽しみください。

サイクリング途中のお立ち寄りもお待ちしております☆

バスでご来店の方はコチラ!(←ポチっと)

お車での方はコチラ!南棟駐車場が便利です。(←ポチっと)

トレッサ横浜店 谷澤