seocycle BLOG

新緑の富士五湖を走りました 後編2018/05/03

Published by
under


PM0:10 河口湖温泉郷出発
新緑の富士五湖サイクリング。河口湖から後編です。前編はこちら。
温泉街にはサイクリストが立ち寄れるようなお店はほとんどないので、そそくさと退散します。


PM0:20 河口湖大橋
本日のハイライト。遮るもののない高い橋の上から、富士と対面。
スタートからずっと見え隠れしている富士山ですが、改めて正面から向き合うとその迫力に圧倒されます。

河口湖畔は道端や花壇に花がたくさん見られます。このあたりはいかにも別荘地って感じですね。
ラベンダーの名所も数か所あり、6~7月を狙っていくと紫のラベンダー畑が広がり絶景です。


PM0:40 西湖への急坂
河口湖と西湖をつなぐ県道21号の急坂。数分の短い坂ですが2回のヘアピンカーブは踏み応えあり。
人を拒むようなこの坂は実際に観光地と大自然を区切る境界になっています。引き返すならここがベスト。


PM0:50 西湖(さいこ)
富士五湖の3つめ、西湖に到着。今までとは打って変わり、自然のままの景色が広がります。
この湖には、一旦絶滅したと思われた超希少種クニマスが生息しています。


PM1:20 西湖蝙蝠穴
富士周辺には溶岩活動が生んだ洞穴が無数にあり、ここには3種類のコウモリが棲みつき保護されています。
有料で洞穴内部を探検可能。サイクリスト用にバイクラックとソフトクリーム屋がありました。

自転車とアイスは相性が良いようです。

英語でサイコ(!)バットケイブ。バットケイブと言えばバットマンの屋敷地下にある秘密基地の名前。
このB級感に癒される。海外ヒーローのネーミングは全員ダイレクトすぎるといつも思います。


PM1:40 青木が原樹海
樹海を横切るルートを通ります。
方位磁石やGPSが使えなくなるというのは都市伝説で、問題なく機能するそうです。


PM2:00 精進湖(しょうじこ
富士五湖の中でもっとも小さい末弟。一周約20分のかわいいサイズです。

松と富士。精進レークホテル前のフォトスポットから。
何か見覚えのある景色です。お札の図柄?


PM2:30 本栖湖(もとすこ)
富士五湖最後の1つ本栖湖に到着。広い湖面に映る逆さ富士の図が有名。
釣りやキャンプ、ウィンドサーフィンとアウトドアレジャーに力を入れている湖です。

富士山はご機嫌斜めで雲に隠れてしまいました。逆さ富士を撮影できず残念!

PM3:00 売店本栖湖
本栖湖を一周したら、売店で最後の補給を取ります。裏手に公衆トイレもあり。
ここからは寄り道せずに、ショートカットコースで一気に山中湖まで30kmを戻ります。


PM4:00 富岳風穴
途中風穴・氷穴と呼ばれる洞穴を通過。この時点で時間があれば内部探検もおすすめ。
低温の内部は真夏でも0度程度に保たれ、大きな氷柱を見ることができます。


PM5:15 山中湖帰還
無事戻りました。走行距離101.7km、経過時間ジャスト7時間。

しめには甲州名物のほうとうを食べなければ。今回は「小作」河口湖店に決定。
河口湖・山中湖周辺にはほうとうの名店がたくさんあります。

疲れた身体に染み渡るあつあつの味噌!
次はラベンダーの季節に来たいと思いました。

ららぽーと店 増田