seocycle BLOG

楕円って効果ある? SMITH or abusoluteBLACK or ROTOR(上尾east店)2018/05/04

Published by
under


バイシクルセオ上尾イースト店はスポーツサイクルフェア実施店です!

[はまれば武器になる!]
 同じ結果が出るのならなるべく楽をしたいスタッフの丸山です。

 ヒルクライムシーズンが始まりお問い合わせが増えてきた感がある楕円ギア。質問の内容のほとんどがその効果についてです。楕円ギアだけに言えたことではありませんが個人差があるので明確な返答は難しいです。ただ選ぶときに少しでも参考になったら良いなとちょこっとだけ説明させていただきますね。

[SMITH]

 非円形ギアと呼ばれる真円でも楕円でもない形状のギアで、インナーリングのみをラインナップしているのが特徴です。人気のモデルは「バロックギア 34±3T 90°」。いくら踏んでも意味のない上死点、下死点では-3Tの31Tに、踏力のかかるポイントでは+3Tの37Tに変化することで理想のペダリングを目指します。

 インナーリングのみなので登りに特化した商品です。
「登りに苦手意識がある。」、「ヒルクライムのタイムを向上したい。」なんて方はお試しいただく価値があると思います。ただ「±3T」は歯数変化が6T(31T~37T)となるので最初の内は違和感が大きくある程度乗り込んで慣れる必要があります。違和感を感じにくい「±2T」から試していただくのもありかと思いますが効果は「±3T」の方が大きく感じます。※ペダリングモニター取付け可です。

[abusoluteBLACK]

 CNC削り出しが特徴的な楕円リングです。大胆な肉抜きの割に剛性は高く変速性能も損なわないのは大きなポイントです。アウター、インナーセットでの使用が推奨です。楕円率10.6%(50T)の歯数変化が5.3T(52.6T~47.4T)の割に違和感が少なくお試しいただきやすいかと。こちらは平坦でアウターを使用している時の方が効果が高くインナー34Tは楕円率6.5%、歯数変化2.21T(35.1T~32.9T)となっています。平坦がメインで、登りも楽をしたい方にオススメです。※ペダリングモニター取付け可です。


 新製品として登場したグラベルロード用ギアは46-30T、48-32Tのスーパーコンパクトギアをラインナップしています。アウター、インナーセットでの使用となります。写真は50T/46T、34T/30Tの比較です。ぶっちゃけ仮想的に変化させるよりリアルに歯数を小さくした方が効果は高いです。シマノ4アームクランクに対応しているので「インナー34Tでは登りがつらい!」と思ったら試す価値大ですよ。登れなくて押したあの坂が登れるようになるかもです!。※ペダリングモニターまだ試してないです。

[ROTOR]

 言わずと知れた楕円界の雄「ROTOR」名だたるワールドツアーチームに供給していることからもその性能は実証済みです。気になる楕円率は10%(50T)、歯数変化が5T(52.5T~47.5T)となります。インナーの楕円率も10%(34T)、歯数変化3.4T(35.7T~32.3T)なので平地、登りとも同等の効果が得られます。さらに楕円率が高いQ-XLシリーズも展開しています。※ペダリングモニター取付け不可です。

 結局のところお試しいただいて合えば良い物、合わないと良くない物、となってしまうのですが・・・。なかなかにコストはかかりますが一度お試しいただく価値は十分にあると思います。興味があればご相談くださいね。

販売価格はお問い合わせ下さい。お見積りもいたします。ご来店をお待ちしております。

上尾east店HP
上尾east店 Facebookページ(フェイスブックページ始めました!)

※お車にてご来店の際は提携コインパーキング「Times」・「SANパーク」をご利用ください。¥2,000以上のお買いもので60分の駐車券を差し上げています。(お店から上尾駅に向かって右側 1番目が[Times]、2番目が「SANパーク」です。)

バイシクルセオ上尾イースト店 丸山 崇紘