seocycle BLOG

パンクしたまま走行しますと・・・2018/07/02

Published by
under

こんにちは

新小岩北口店です

通勤や通学の途中にパンクしてしまった・・・

ガタンガタンするけどこげるし急いでいるし・・・

乗っちゃえ!!とパンクした状態で走行しますと・・・

???!

こうなっちゃうことがあります

空気が入っていない

車輪からタイヤが外れてしまう

中からチューブが飛び出してしまう

飛び出したチューブが歯車に絡まってしまう

車輪が回らなくなる

こうなると運ぶのも大変・・・

絡まったチューブを取り外し

歯車がハブから外れてしまっていたので付け直しし

歪んでしまったチェーンケースがチェーンに当たらないようにし

こげる状態に。

そもそもなぜパンク??

今回の自転車のパンクの原因は

タイヤの走行面がすり減り穴も開いている状態でした

 

これからの暑い時期、タイヤが傷んでいると空気圧に耐えられず

バーストしてしまうこともあります

皆様の自転車のタイヤ、どうですか??

ちょっと気にしてチェックをお願いします。

溝がない、ひび割れがいっぱい、深い傷がある

糸が出てきているなどなど

傷んでいる場合は早めに交換をお勧めします

ちなみに当店でタイヤチューブ交換時、通常の24、26、27インチの場合

ブリヂストンのタイヤチューブを使用し作業をしています

タイヤ交換ご希望のお客様のご来店お待ちしています

 

新小岩北口店 藤井