seocycle BLOG

ロードバイクを今買うなら リムブレーキ? ディスクブレーキ?(上尾east店)2018/07/14

Published by
under

[使い方に合わせて選びましょう!]
「ロードを今から買うならディスクブレーキですか?」ロードバイクを検討中のお客様からよく聞かれるようになりました。
「高い買い物なので失敗したくない。」このお気持ちものすごーくわかります。基本的には用途に応じて選択いただけると良いと思います。私個人の意見ではありますが少しでも参考にしていただけるとありがたいです。


 まず先にディスクブレーキは大きく分けると機械式(ワイヤー引き)※写真左 と油圧式(オイル式)※写真右 の2種類があります。こちらはご予算が許すようであれば油圧式がおすすめです。機械式に比べレバータッチが軽くブレーキの利きも良いです。ご来店いただければ実際にレバー操作をしてもらい違いを確認することも可能です。

 次に使用用途ですが
レース
 ディスクブレーキは今のところは避けたほうがよさそうです。UCI(国際自転車競技連合)は2018年7月1日からロードレースにおけるディスクブレーキの使用を全面解禁しました。JCF(日本自転車競技連盟)が管理する国内のレースでも今後認可されていくと思います。ただニュートラルサポート等の体制が整うまではいましばらく時間がかかりそうです。レースの種類によっても選択が分かれます。ヒルクライムレースなどの軽量なバイクが有利な場合はリムブレーキを選択する方が多いと思います。登りでは制動力の違いが発揮できないのも理由です。

ロングライド
 操作性や雨天時の安定した制動力等を考えるとディスクブレーキはかなりおすすめです。ただホイールの着脱等は慣れるまで少々てこずると思うのでしっかりと練習いただきパンク等のトラブルの際に困らないようにして下さい。下りが多いコースなどではブレーキの利きが良くタッチも軽いディスクブレーキは手が小さい方や握力の弱い方、女性に良いと思います。当店の女性スタッフもディスクブレーキにしてから下りが怖くなくなったと喜んでいます。

ツーリング(ロング)
 上記と同じ理由でディスクブレーキがおすすめです。ただ遠方でパーツの破損等がおきた時など対処してもらえるお店が限られたりパーツの手配に時間がかかったりすることが考えられます。乗るということだけならディスクブレーキですが整備性を考えると微妙です。この辺は痛しかゆしですね。

グラベルライドなど
 これはディスクブレーキ一択です。元々太いタイヤを装着できるようにするにはリムブレーキだとタイヤとフレーム、フォークとのクリアランスが厳しいです。その為選択できる車種のほとんどがディスクブレーキになります。「これからスポーツバイクを始めたいけど何をしたいかわからない。」「ロードに乗りたいけど細いタイヤは心配・・・。」そんな方にもおすすめです。普段は細めのタイヤ、週末は太めのタイヤなんて使い分けも可能です。幅広く楽しむことができるバイクです。


 ちなみに前回のお休みに走りに行ってきました。バイクは35mm幅までのタイヤが装着可能で「マルチロード」、「オールロード」と呼ばれています。最近はさらに太めの40mm幅を超えるタイヤが装着可能なモデル「アドベンチャーロード」も人気です。


 こんな感じの場所も走れますし移動の手段として使用してもタイヤが太いので乗り心地も良く細いタイヤに比べ段差も安心です。最近はカメラを持って鳥の撮影場所や釣り場までの移動などに購入する方も増えてきました。

 一口に「ロードバイク」と言ってもいろいろなジャンルが出てきているのでわかりにくくなっています。迷ったときはお店にご相談くださいね。最適なバイクを選択するお手伝いができればと思います。何かありましたらいつでもご来店ください。皆様のご来店をお待ちしております。


当店はシマノ5800系105完成車クリアランスセール3大USAブランドシマノ5800系105完成車プライスダウンセール対象店です。

上尾east店HP
上尾east店 Facebookページ(フェイスブックページ始めました!)

※お車にてご来店の際は提携コインパーキング「Times」・「SANパーク」をご利用ください。¥2,000以上のお買いもので60分の駐車券を差し上げています。(お店から上尾駅に向かって右側 1番目が[Times]、2番目が「SANパーク」です。)

バイシクルセオ上尾イースト店 丸山 崇紘