seocycle BLOG

2019 S-WORKS VENGE FRAMESET2018/08/24

Published by
under

こんにちは!!!!!!トレッサです

今日は台風が過ぎ去りそうで安心ですね!!

台風の中自転車こぐのは危ないと思いますよ!!!でも明日から走れますね!!!

 

って自転車乗りにとっては無視できない強敵ですよね!!

めちゃくちゃ頑張って走ってるのにいつもよりも遅かったり、疲れたり、それって向かい風とかが原因かもしれませんね!!

プロの世界だとその風速だけで勝負がグッと変わったりしますから、バカにできない問題です!!!

 

ところでスペシャライズドさん、ちょっと前に19年の新型ロードバイクを発表しましたよね。

アメリカ、スペシャライズドのエアロロードと言えばヴェンジシリーズ

エアロロードはロードバイクのジャンルの一つで、の抵抗を極限まで抑えたフレームという特徴がありまして、フレームの各チューブの形が刀の様に扁平になってたりしとります。

前面投影面積が凄く少なく、真正面から見ると細い!ってことが多いです。

ヴェンジは「の抵抗がなくなればライダーはより速く走れるエアロこそすべてだ!とおっしゃるぐらいに拘っているシリーズでございます。

そのヴェンジ、スペシャライズド社の最高峰グレードのS-WORKSから、この間新型を出しまして、遂に当店に入荷しました!!

2019 S-Works Venge Frameset

メーカー希望小売価格
税抜き 500,000円
税込み 540,000円

THE KAKKOIIですね!!!!!


下から見ると風をいなすような形?フレーム全体の空気の通りを良くしてるような形ですね要するに格好いいですねはい。


刃物のような扁平の形状のチューブたち、これはフレーム後ろ三角形の部分です。


チューブの付け根が羽のようなかたちしてますね。

隅々までですね、エアロエアロしてますね。

 

エアロに拘りまくった結果、このフレームなんですけども、ディスクブレーキ専用電動専用とのことなので注意してくださいね。ちなみにケーブル類はフル内装です。

ディスク、電動の方がエアロを追求できるとの事なのでしょう。

ROVALのCLXのディスクとか履かせたら似合いそうですね。似合いますよ。

で、この部分が電動のキモなんですけども、ジャンクションというものが収まる場所です。収める場所がここにあるとフレームがすっきりします。↓

サドルの下の部分なんですけども、デッドスペース活用法ですね。

ということです。

な、なんて格好よくて性能が良さそうなフレームなんだ!!これは買うしかないな~!という感じです。

組替えでも新規で組み立てでもOKです。ご相談お伺いしますので、いつでもどうぞ。

 

バイシクルセオトレッサ横浜店 杉田