seocycle BLOG

富士見パノラマまで行ったのですが、ロードにしたよ~2018/09/07

Published by
under

富士見パノラマまで行ったのですが、

 

MTBコースコンディションによりロードライディングに変更。

 

須玉からのつづき。

 

R141 清里ラインは、そこそこの交通量。

前日の台風の影響で道路の左寄りに小枝・大枝が溜まっている個所も多く、車道寄りを走らざる負えない場面もあります。

そんな時は後方を確認し、クルマがいれば、

「スマン、私はあなたのジャマな位置で走らなければならない。しかもキツイ上りでスピードが上がらない。スマン」オーラを出しながらドライバーに合図。

上りの極低速で、安全に抜けるまで極低速で追い越しを待ってくれるトラックやダンプ。

追い越した後、ハザードを焚いてくれるドライバーもいます。

一般道ライディングで一番大切なのは、他の交通手段とのコミュニケーションです。

小野からのワンポイントアドバイスでした。

 

👆R141 月の木上橋から上流を望む。

帰りは、高い位置に見える橋のさらに奥の道、八ヶ岳高原ラインで下る予定。

ということは、まだまだ上る。

 

ここらへんの標高は928m。

なのに、気温27,2°

日差しもキョ~レツ

あち~よ~

 

ほうとうで有名な小作さん 清里店まで上がってきました。

ゴハン ゴハン

 

インスタとか、個人SNSをやってません。

なんか、ゴハンの画像を撮ることに抵抗を感じてしまうオヂサンですが、撮ったよー

焼豚ほうとう

 

人間だれしも、、 腹いっぱい昼ゴハンを食べると動きたくなくなるモノでは無いかと思います。

そんな自分に鞭打って、

さらに高いトコロ、清里No.1ソフトクリームポイント、清泉寮を目指します。

 

👆清泉寮に向かうキツイ上りで、

地元に住んでいるであろう(又は別荘かな)外国人のおばちゃんに、

「ナントカー!👍」と、声援を頂きました。

「せんきゅー👍  べりー はーど~・・・」

答えになってるのか?

 

とりあえず目的地の清泉寮到着。

 

👇こんな感じですかね。

インスタ映えって。 やってませんが。。

しかしイイ天気。

 

そもそもMTBダウンヒルをしに来たので、帰りのダウンヒルはいちばん気持ちよく走れるであろうルートを選びます。

清里から甲州街道までのルートがいくつかある中で、最も八ヶ岳側の八ヶ岳高原ラインで下ります。(地図でも見てね~)

 

八ヶ岳高原ラインは、高原&森の中のワインディングロード。

 

👇ピークから下る斜度もなかなかでしょ。

 

けっこうなハイスピード域に達しますし、ハイレベルなコーナーリングも現れます。

こういったシーンではバイクの絶対性能や特性、タイヤの性能などがわかりやすい。

そして、たのしー。 ノウハウも蓄積。。

皆さん、こういったコースを走行する場合は、しっかりとバイクの整備を。

 

山裾の谷まで下ってきました。

ゴールはもうすぐ。

 

トータルの獲得標高は、1,195m

あー、走った走った。

貧脚には、こんくらいでおなかいっぱい。

 

湘南台店 小野