seocycle BLOG

2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO1 D-FUSE BARは、スゲー!(湘南台店)2018/11/06

Published by
under

ハイレベルなロードバイクを、マルチに楽しめる、

2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1(👈クリック)

メーカー希望小売価格

税抜き 450,000円

税込み 486,000円 販売価格は、店頭へ

 

 

今回のDEFYフルモデルチェンジで最も入念に開発され、最も注目されるファンクションは、ハンドルバーに装備された、

CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR

新型DEFYに仕込まれたこの機能をご紹介。。

 

ハンドルバークランプ径31,8mmのセンター横から、シュッとつぶすような形状に変化するカーボン製ドロップバーが、

CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR

形状から容易に想像できますが、タテ方向に柔軟性を持たせた形状。

路面からの突き上げをいなす能力を持たせたハンドルバーです。

D-FUSEの“D”は、“D”型の断面形状から来たネーミング。

かなりつぶされた“D”型の断面ですが。。。

ヘッド規格はすでに定評のある OVER DRIVE2。

 

DEFY ADVANCED PRO 1を試乗して、CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR の機能を確認しましたが、

有効です。非常に。。

 

コイルスプリングなどのサスペンションを装備することなく、CONTACT SLR D-FUSE DROPBARが、明確に路面からの衝撃を吸収しています。

疲労軽減はもちろん、ハイスピード維持にもD-FUSE DROPBARは効果が大きく、

頭も揺すられにくいので、視線も安定しますね。

 

口径の大きなヘッドセット・コラムを採用する高剛性OVER DRIVE2との組み合わせるも、D-FUSE DROPBARの衝撃吸収効果を高めているようです。

 

モータースポーツなどでは常識ですが、

高性能なサスペンション・ダンパーを活かすためには、サスまわりの剛性が高くないと効果は半減以下。

サスを受け止めるボディー側と、シャシー側、、 共にガッチリと強化することで、高性能なサスがムリなくお仕事できるのです。

 

新型DEFYも同様。

OVER DRIVE2でハンドルまわり・フロントまわりを強化することで、

CONTACT SLR D-FUSE DROPBARをより効果的に働かせている印象。

 

さらに、、

CONTACT SLR D-FUSE DROPBARには、もう一つの機能があります。

路面からの突き上げ方向に柔軟性があるだけではなく、スプリントなどライダーからの入力のある方向には剛性が高くなるよう、形状・カーボンの積層が整えられているのですが、

D-FUSE DROPBARの取り付け角を変更することで、その味付けを変更できるのです。

 

ドロップバーとステムの基準(0°)がマークされており、そこがニュートラル。

レバーが上に位置するアップライトポジション(+方向)にバーを回転させると、D-FUSE DROPBARの柔軟性が上がり、

レバーが下に位置する前傾ポジション(-方向)にバーを回転させると、D-FUSE DROPBARの剛性が上がります。

この変更は、±5°まで可能。

ロングライド・ハードスポーツ・レースなどシチュエーションや、好みによって変更できるのです。

 

セオサイクル社内試乗会でスタッフ足立がD-FUSE DROPBARの角度を変えて試乗したそうですが、

快適重視か、剛性重視か味付けは、明確に変化するとのことです。

マルチに楽しめるDEFY ADVANCED PRO1にうってつけの、とても良い機能ですね。

 

DEFY ADVANCED PRO 1には、

ケーブルを内装してフレームへ導くエアロカバー付きのスペシャルステム装備。

エアロ的にも、見た目的にもスマートなこのステムは、

ハンドルを大きく切るとパカッとサイドが開き、ケーブル作動に悪影響が無いよう工夫されています。

 

CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR は、

シンプルで、理にかなったライダーフレンドリーなファンクション。

新型DEFYで、快適・速い・楽しいロードライディングを

・     ・     ・

セオサイクル湘南台店は7日水曜定休日、8日(木)臨時休業となります。

お気を付けください。

 

湘南台店 小野