seocycle BLOG

ラジアルマスターシリンダー!2019/03/20

Published by
under

こんにちは、平井店です。

今回は平井店らしからぬ高性能パーツのメンテナンス。

一昔前の油圧式ブレーキレバーのオイル交換&ブレーキパッド交換。

現行のモデルはオイル交換作業もやり易く、準備ができていれば短時間で終わります。
今回は現行と違いシマノが、まだラジアルマスター方式を採用していた時代のブレーキ。

お客様からご依頼を受けて、オイルや対応しているブレーキパッドを注文。

作業段階になって交換が楽になる工具を用意することを忘れていた事に気づく!

多少イレギュラーですがオートバイと同じ方式で交換することで対応したのでこちらをご紹介。


まずは上部のフタをひらき、ダイアフラム(膜、弁)を取りオイル室を開放。


ブレーキキャリパー側に準備を施し、レバーをゆっくり握ると・・・。


およそ5年ほど前のビンテージオイルが追い出される!


適宜上部のオイル室に新しいオイルを補充。

これの繰り返しで古いオイルをオイルラインから抜き、中身をすべて新しいオイルと入れ替える。
(エアーの侵入に注意!)
最後はレバーのフタを閉じる際に、ネジをしめるとあふれるくらいオイル室をオイルで満たしてしめこみ。

新旧比較。

ついでにブレーキパッドも交換しちゃって~とのことで、
いままで交換した事が無かったブレーキパッドも交換。

ちょっぴりへってる?

平井店
小倉