seocycle BLOG

神奈川から新潟まで走ってきました。 PART1 トレッサ横浜店2019/06/22

Published by
under

こんにちは!!!!!!!!!!トレッサです。

 

梅雨の合間、なんとか覗く晴れた日々を大切にしていきたいです。

 

今日は雨です。いかがお過ごしでしょうか。

 

雨の日にサイクリングに行くような酔狂な方ばかりではないと思います。

でもこんな季節だからこそ、晴れた日ぐらいは乗ってあげたいですよね。

 

そんなこんなで休みの日に 新潟 まで走ってきました!←??

 

本当は諏訪湖までに留めておこうと思ったのですが、
諏訪湖まで走ったら日本の山脈の背骨なので、あとは下るだけなので実質近いですね←?
日本海も目と鼻の先です。(良い子は真似しないでね!)

 

休みの日は大事にしたいですよね!!!分かります!!!

なので私は新潟に行くことで休みを充実させました。チャリで。

このページはパート1です。パート2は こちら です。

 

今回走ったルートでごやんす。

到着するまでの時間:約18時間
移動総距離:308キロ
獲得標高:2890m

 

ここまで走ったのは久々でした。

今回の相棒はジオスアンピーオです。

もとはフラットバーロード(水平ハンドルなロード)です。

当店ではロードからクロスバイクにカスタムが流行ってますが、
一部モデルではクロスからロードに変えることが出来ます。(フラットバーロードに限ります)

大型サドルバッグはトピークのバックローダー15ℓです。

とりあえず着替えなど、飲み物、輪行袋、ケアグッズ、充電器、補給食などなんでも入ります。(テント以外)

使いやすかったですよ。

困った、シートポストにリアライトがつかなくなってしまったぞ。

 

なーんてことも考えて、キャットアイのウェアラブルXが役立ってます。

クリップが標準で付いてて、ゴムバンドを使えば車体に直付けもOK。

 

私はライトはキャットアイが大好きなので、フロントライトもリアライトもキャットアイ製です。

 

さぁ青空のなか出発です。
時刻は午前10時を回ったころ、寝坊も程々にしましょう。

天気がよろしいと、ペースもよろしくなります。
きっとその時は自由に空も飛べるはずと思ってました。

 

いつも通りの津久井湖、相模湖を西へ進み、そのままずっと国道20号線を下っていきます。

大月、笹子と越えていき、笹子トンネルを超えると盆地の甲府にたどり着けます。

地図で見れば、わっ盆地だぁ!!と一目でわかるぐらいです。

盆地と言えば、湿気や温度が停滞する場所として開放感がないイメージがあります。
ただ、予想を反して山に囲まれているが、なぜか解放感がありまして、なぜか涼しく感じます。

写真じゃ伝わらないのが残念です。心地が良いのです。

ちなみに山梨は山無しとはいうものの、7割が山です。

 

昼を過ぎたこと、いよいよ暑さもピークを迎え、日差しが腕を焼きました、文字通りの意味で。

熱いです。

 

韮崎市まで来ました。

甲斐を超えたあたりです。

日照りも段々と衰えてきて、次第に丁度よくなって参りました。
それもそのはず、すでに17時でござます。

補給用の水分も底をついたころ、皆のオアシス、某HDSが眼前に。

HDSのおかげで何人もの命が救われたのだろう。

補給も程々に喝をいれ、ちんたらペースを足にしばきこみます。

 

北杜市。そこにはウィスキー博物館がありました。

一度ゆっくり見学してみたいものです。

 

いよいよ空の赤みも増してきたころ。

太陽を追いかけて進んでいるのにもかかわらず、追いつけないのだ、などと思いふけっておりました。

さて19時を越えた頃、長野県に足というか車輪を踏み入れてました。

こういう県境を踏み越えた瞬間は非常に楽しいものです。

 

長野入りし、夜道を鮪の様に止まらず暫時の後、トンネルを超えると夜景が綺麗でした。

何万ドルかの夜景かは知りません。

そんなこんなでどうこうしているうちに、いつのまにやら…

諏訪湖だ!!!!(分かりづれぇ)

現時点で170キロ
2363m獲得
時刻は21:30
天気は良好

 

今日のところはここまでに。

さようなら

バイシクルセオトレッサ横浜店 杉田