seocycle BLOG

えっ!キャリパー廃番!? S-WORKS TARMAC SL6 20192019/07/23

Published by
under


S-WORKS TARMAC SL6 FRAMESET キャリパーブレーキ仕様
メーカー希望小売価格
税抜き 470,000円
税込み 507,600円

店頭在庫サイズ:
49・身長165前後
52・身長170前後
54・身長175前後

VENGEと同じ鼓型のヘッドチューブが高いエアロ効果を予感させる最新型のターマックSL6。ダイレクトマウントキャリパーブレーキ仕様。
先日2020モデルが発表されましたが、もうないんです、ディスクブレーキしか。


前作SL5との大きな違いは、シートステーとシートチューブの接点がかなり下がったこと。エアロを追及すると小さな後ろ三角は必須のようです。

つい先週発表のキャノンデールのNEW SUPER SIXやCAAD13もよく似た形状なのを見るに、2年半前に発表されたターマックSL6のフォルムが正解に限りなく近いのでしょう。さすが自前で風洞実験施設を造っただけあります。


SATIN BLACK/BLACK REFLECTIVE/CLEAN
という色です。太陽の下ではこのように青白く光る神秘的な雰囲気のロゴですが、夜には化けます。


フラッシュをたいて撮影すると、文字が眩しいくらい反射。
スペシャライズド得意のINTEGRATED REFLECTIVITY。グラフィックに反射素材を統合、交通事故からオーナーを守ります。
欧米ではスポーツ自転車が市民のライフスタイルに浸透し、ナイトライドが新しいテーマになっているとか。


自分がクルマ側の時にこのS-WORKSロゴを見たら、事故らないように避けます(笑)。やっぱり安全です。


写真では写っていませんが、セラミックスピードの最高級BBが純正採用でお得。
レースイベントでの出現率が高いS-WORKSターマックは、有名な「勝てる自転車」です。特にこだわりなくオススメのロードフレームはと訊かれれば、私はターマックをおすすめします。変なクセがなくて軽くて超速いので。


ずっと見ていても飽きの来ないクリーンで洗練されたシルエット。ロードバイクのお手本と言っても良いこの形もターマックの魅力です。キャリパーロードの最終形態・ターマックSL6で、大人カッコイイ1台を作りませんか?

他にもキャリパーフレーム在庫、わずかあります。
コルナゴ V2-r 2019 VJBR(ブラックレッド)480
コルナゴ V2-r 2019 VJRD(マットレッド)480
フレーム重量730g! 2018 LOOK 785 HUEZ RS プロチームマット Sサイズ
047-437-2829
千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY 北館1階(ららぽーと館内で2店舗営業中)
JR南船橋駅 徒歩5分 / 京成船橋競馬場駅 徒歩10分
駐車料金平日無料!P4・D区画が便利