seocycle BLOG

About 大森店

店舗名
大森店
住所
東京都大田区大森北1-19-20
電話番号
03-3768-2151
  • オーバーホールってなにするの?2018/07/02

    Published by
    under

    オーバーホールとは「通常の点検作業では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とする」です。

    ???

    簡単に言えば「ちゃんと分解し状態を確認し、必要に応じ交換、調整をする」です。先日クリーニングをおススメする記事を書きましたが、今回はそれの発展形のようなものです。クリーニングで隠れたダメージが見えてくると書きましたが、見えないダメージももちろん存在します。

    こちらはカンパニョーロのZONDAというホイールのハブです。

    ここまで分解します。

    今回は大きなダメージは無かったものの、調整を要するレベルでした。これは予想範囲内でした。

    これにより5,000~10,000km位は大丈夫でしょう。良いホイール(その他パーツも)もしっかり定期的にメンテナンスする事で劇的に寿命は延びます。

    ちなみに、ご相談、作業時間の余裕無しにお持ち込み頂くことはお断りすることもございます。というのは、技術的問題の有無やダメージによってはリプレースパーツの手配等も考慮するからです。先ずはご相談ください。

    大森店 田代

  • THOMSONのシートポスト2018/06/29

    Published by
    under

    僕が自転車に楽しさを覚えた頃、高嶺の花的存在だったトムソンのシートポスト。10年以上経った今でも変わらぬ輝きを放っています。写真は入荷後20分の新品です。

    シートポストの役割は大した事アルヨウデナイヨウデ有ります。

    ①フレームとサドルの位置関係を正確に保つこと②乗車時の振動吸収(少々)すること③とんでもない転び方をしたときにフレームへのダメージを軽減(少々)すること④カッコイイー!とやる気になること

    です。個人的なチョイスの順は①④③②です。

    フレームに差し込まれてしまえば全く見えなくなるレーザーエッチングすら、くすぐられてしまう男心。

    こちらもまた見えなくなりますが、これが航空機器を作っていた会社というだけあって流石の技術。近年のフレーム内部と同じように強度の必要有無に応じてCNC切削で肉厚を変え軽量化を。

    自転車を自分色にカスタムしていく中で、大抵後回しになるシートポストにもTHOMSONならではの見えないアレヤコレヤがあります。今ではステム、シートクランプだけでなくハンドルバーやドロッパーポストなんかもラインナップしています。

    ちなみに僕が今使っているシートポストは6年程使用していますが、アルマイトの色褪せは皆無です。他メーカーに比べて断トツに。オススメです。

    大森店 田代

  • 自転車のクリーニングをすると2018/06/28

    Published by
    under

    見えてくるものがあります。それは汚れに隠れたダメージです。特にギヤまわりは金属同士が接触するのでオイルが必須となりますので、暫く乗っているとご覧の通り。

    5分でここまで綺麗になります。

    自転車を室内保管していれば、大抵は自ずと汚れが気になるものです。ですが、室外保管の場合、駐輪場で愛車をイジっている姿が恥ずかしいという意見を最近耳にしました。確かに。

    そんな重い腰は「自転車きれいで元気!」で。超気楽に使えるウェットティッシュのような簡易的なものですが、汚れの分解能力もワックス効果も価格以上で、当店のド定番商品です。

    メーカー希望小売価格
    税抜 320円
    税込 345円

    大森店 田代

  • ライトウェイ 新型シェファードシティ入荷2018/06/23

    Published by
    under

    SHEPHERD CITY

    こちらも新型が入荷してきました。

    本当に誰にもおススメできるクオリティを秘める、スタンダードなクロスバイクです。なにせ重要項目のギヤ周りやブレーキパーツが安心安定のシマノをチョイスしているあたりから「堅実」

    タイヤもライトウェイ社が考え抜いた「ちょっと太めのスリック」なタイヤを採用。カッコイイ。詳しくはウェブで。

    ホイールなんかも、近年では珍しい(ということはコストもかかっている)ポリッシュなリムを採用し、おもっ苦しさを感じさせません。

    現在の当店在庫はグロスブラック500mm、グロスネイビー460mmのみです。

    大森店 田代

  • ライトウェイ 新型GLACIER(グレイシア)入荷2018/06/22

    Published by
    under

    2019 GLACIER

    早くも新型が入荷しました。昨年モデルに比べ、パーツチョイスを見直すことで、価格を大幅にお手頃化。太めタイヤでミニベロならぬ乗り心地の良さを。少々のタイヤの重みがゴロゴロコロガル感を。

    ディスクブレーキにより写真の通りのシンプルルックス。ギヤは必要最低限にして、ガードも装備。しかもスマホホルダーもセンタースタンドも付属。もうね、満点ですよ。

      

    ライトウェイのウェブで「欲しくなっちゃう」なムービーが流れます。是非ご覧ください。当店在庫は上記2カラーのみです。

    大森店 田代

  • SURLY DISC TRUCKERおススメして〼2018/06/21

    Published by
    under

    SURLY DISC TRUCKER

    いやほんとに良い設計の自転車です。元々はロングホールトラッカーという世界一周する人に良く選ばれる車種のディスクブレーキ版ですが、安定感が凄まじく、パーツチョイスを工夫すればレースユース以外のすべての方にお勧めして良いんじゃないかと思える自転車です。

    自由気ままなスタイルが得意な米ブランド。フレーム販売もしているので、手持ちのパーツを使って安く組み上げるなんてこともできます。

    今回もいつものごとく、フレームで。コンセプトは「なる安&要所は抑える」です。簡単に変更できるところは安価に済ませ、そこで削った予算は重要部分に回す。自転車屋が考える常套手段ですね。

    完成図は次回に。

    大森店 田代

  • この時期だからこそのオーバーホール2018/06/18

    Published by
    under

    雨が続き、気持ちよく自転車に乗れないこの時期ならではなお話を。「オーバーホール」とは分解、清掃、チューニングして組立てをすることを指します。要するにリフレッシュです。

    自転車は人力で前進する乗り物ですので、メンテナンス次第は疲労感軽減を体感でき、部品の寿命を長らえさせる重要な作業です。

    例として写真はホイール中央部の「ハブ」のオーバーホールの写真です。写真に写っていない小さな部品も含めると結構な部品点数で構成されていますが、それでもどれが欠けても良くない大切なものです。

    当店のおススメ箇所はまずはブレーキ。走行することより、曲がる事より、なにより「止まれることが第一優先」の観点からです。次に各ベアリング(ヘッドパーツ、ボトムブラケット、ハブ)のオーバーホールです。数年感OHしてない状態ならば、改善された事をほぼ体感出来ます。

    もちろん修復不可能な場合もありますが、危険であったことに気づくことが出来る絶好のチャンスです。内容によりますが数日~1週間のお時間を頂きます。ご相談ください。

    大森店 田代

  • キャリアやバスケットを装着した場合はADEPT2018/06/18

    Published by
    under

    路面のギャップ等で、積載した荷物が脱落しないようにひと手間かけましょう。

    高速道路での「落下物は落とし主の責任」ってやつで、落とすのは一瞬、後悔は一生。落下物で事故を招き、最悪の場合死者が出たとなれば、本当に一生の後悔。そんな私も通勤バイクにはバスケットを付けています。もちろん落下防止の装備も。

    これらはいわゆる「ゴム紐」荷物を括り付けビシッとさせます。写真の商品はハイセンスかつ実用的な商品の玉手箱ADEPT製。

    価格も手ごろながら、100均で見かけるママチャリ系の「ヤレやすさ」はまったく感じさせません。もちろん一般車でハードに使う事も可能です。店頭在庫は数種類、数色ございます。

    大森店 田代

     

  • マルチパーパスな一台 JAMIS RENEGADE EXPLORE2018/06/16

    Published by
    under

    雨天で撮影場所が限られてしまい逆光で写真が微妙ですが、こちらは‘18モデルのRENEGADE EXPLOREです。

    フレームサイズが480ですので身長170㎝前後の方がジャストフィットです。ホイールはイマドキの650Bサイズです。タイヤ装着した状態で外周が700Cと同等のままワイドタイヤを履くホイールサイズです。

    強度を持ち合わせたフレームに、12mm車軸の高級車譲りのセッティング。ディスクブレーキに多数のダボ穴(キャリアやフェンダー、その他のアクセサリーを装着するためのねじ穴)が存在しています。

    先日記事にしたセカンドバイクは逆に一台数役こなすべく生まれたような車種です。オンロードもオフロードも。買い物もツーリングも。JAMISはこういったジャンルが得意なブランドです。

    480サイズは適応身長170㎝前後。ラスイチです。販売価格は店頭にて。

    大森店 田代

  • 当店最安価!パナソニックの電動自転車!2018/06/12

    Published by
    under

    PANASONIC VIVI SX

    日本が誇る超一流ブランドのパナソニック。電気系統ばかりの専門だと勘違いしていませんか?もちろん得意ではありますが職人さんがスポーツバイクを一つ一つ手作りするなど、フレームに対しても最先端技術をもちあわせる凄いブランドです。

    このVIVI SXの特徴は、重量ほどほど軽く、チャイルドシートも取り付け可能。他社のライバル車種に比較するとバッテリーサイズが8Ahもあるので、満充電から「エコモード」で約50km走行できます。バッテリーサイズは大は小を兼ねるデス。

    そしてなにより価格が、、、、安い!!

    メーカー希望小売価格
    税抜き 85,000円
    税込み 91,800円

    当店在庫は現在26インチのシルバーのみですが、24インチサイズや他カラーのお取り寄せ可能です。

    大森店 田代