seocycle BLOG

About 湘南台店

店舗名
湘南台店
住所
神奈川県藤沢市湘南台1-19-5
電話番号
0466-41-0165
  • 2019 パナソニック ギュットアニーズDX(湘南台店)2018/11/11

    Published by
    under

    お子様を2人乗せられる電動アシスト自転車の人気車、

    パナソニック ギュットアニーズDX

    2019年モデルの新型ギュットアニーズDXが入荷しています。

     

    2019 Panasonic ギュットアニーズDX

    メーカー希望小売価格

    税抜き 139,800円

    税込み 150,984円 販売価格は、店頭へ

     

    低いフレーム形状は跨ぎやすく低重心。

    タイヤサイズも小径20インチなので低重心となり、お子様を乗せてもふらつきにくく運転しやすいギュットミニ。

     

    標準装備のリアチャイルドシートのベルトは、

     

    背面のレバー押すとワンタッチで巻取り。

    煩わしいベルト長の調整が不要の、ウレシイ装備。

     

    16Ahリチウムイオンバッテリー装備。

    アシストモードは3モードの選択。

    オートマチックモードは、走行状態により最適なアシスト力を自動選択。

    発進時には上りか平地か、荷物の有無など、発進の負荷に応じてアシストを制御。

    スムースで乗りやすさをアップデート。

     

    入荷カラーは、マットハニー。

    ダークブラウン系の装備パーツに似合う、シブカワイイ カラーです。

     

    湘南台店 小野

     

  • 2位でした。(湘南台店)2018/11/10

    Published by
    under

    商品紹介が多いこのブログ

    小野が先日、ちょっとした業界人レースで2位入賞👍しましたので、

    たまには、レース参加ネタをお送りします。

     

    参戦車両は、今夏より乗り始めたSCOTT FOIL RC

     

    レースに向けてタイヤ・チェーンなどを新品交換し、レース前のテストライドで20kmほどの走行もこなしました。

     

    レースやイベントに参加する場合、主要消耗パーツの新品交換をオススメします。

    そして、交換したらぶっつけ本番ではなく、短い距離でOKなので、それなりの負荷で必ずバイクを走行させましょう。

    交換したパーツのマッチングが悪い場合や、交換作業のミス、交換パーツの不良などが考えられます。

    確率は低いですが、“絶対”はありませんから。

     

     

    で、レースです。

     

    某サーキットを4周。短めのスプリントレースです。

    👇前にいるネオンイエローのヘルメットが小野。

    スタート前、同じクラスを走る方々。。

    こうみえても(どう見えてる?)小野はこの方々の中で、年齢は上から4番目くらいのオッサンです。

     

    レース序盤、トップが見える位置で様子見的についていったのですが、

    下りでコギを入れてる前走者に対し、コギを入れなくて良いどころか、ブレーキを当てないと抜いてしまうほどの圧倒的なエアロダイナミクス。

    イイぞ!FOIL RC。

    セットしたZIPP 454 NSWホイールも、下りで有効。

    454 NSW リアハブには、フリー空転時にはラチェットと分離し接触抵抗を無くすシステムを装備。

     

    レース中盤、

    👇下りのアドバンテージを使ってトップに出てみた、ネオンイエロー小野

     

    👇ちゃんとトップを引く小野。エライ。

     

    👇ピースしているんじゃなく、「のこり2週でいいんだよね?」の図。

    画像は余裕っぽい顔してますが、心拍上がってきついっす。

    この後「きつっ!先頭代わってーーー」と叫んだら、「ハイヨー」と代わってくれました。

    なんと良いレースなんでしょう。

    前走者に付き、脚をなるべく止めて可能な限り心拍を回復させます。

     

    そして、ラストラップ。

    下りでアドバンテージがあるのがわかっていましたので、

    ラストラップの下りで一気にトップへGOーーー!

    あとは、ゴールに向けひたすらコギ!!

     

    最後の上りスプリント区間手前で後ろを確認すると、付いてきているのは辻君1人。

    たぶん年齢はひとまわりほどの違い。

    この上りでバトったら、帰れなくなるかも・・・ と心配したオジサンは、

    「どうぞ、ぞうぞ。2位でじゅうぶんです。」とお譲りいたしました。

    👇ゴォ~~ル。  3位以下は結構離しているでしょ。

     

    エアロダイナミクスに優れる愛車のSCOTT FOIL RCは、レースシーンでかなりのアドバンテージを与えてくれました。

    さらに、

    軽さとエアロロードNO,1と言えるしなやかさも、大きなアドバンテージとなってくれました。

    レーススピードでのハイスピード区間が、キモチ良かった💛

     

    超超超ォォー! と、

    超が3つ付くほどオススメのエアロロード、SCOTT FOIL。

     

     

    で、そのSCOTT FOILは、

    FOIL 20をセオサイクル湘南台店で、展示中

     

    2019 SCOTT FOIL 20

    メーカー希望小売価格

    税抜き 399,000円

    税込み 430,920円 販売価格は、店頭へ

     

    スポーツライドはもちろん、レースシーンでも素晴らしいハシリのエアロロード

    SCOTT FOIL

    イイ相棒になりますよ。

     

    湘南台店 小野

     

  • 2019 パナソニック VIVI DX(湘南台店)2018/11/09

    Published by
    under

    大人気で、ベストセラーの電動アシスト自転車

    パナソニック ビビ DX

    2019年モデルの新型VIVI DX、入荷しています。

     

    Panasonic VIVI DX

    メーカー希望小売価格

    税抜き 110,800円

    税込み 119,664円 販売価格は、店頭へ

     

    VIVI DXの搭載バッテリーは、16Ah

    満充電での走行可能距離は、ロングモードで、100km

    通常仕様にオススメのオートマチックモードでも、70kmの、

    高性能バッテリーを標準装備。

     

    新型は、フロントバスケットが大きくなりました。

    積んだものがキズ付きにくい配慮と、

    積んだものが見えずらい配慮がされた、カゴです。

     

    好評な便利装備、

    スタンドを立てるとハンドルが自動ロックするスタピタ2も、当然装備。

     

    操作もカンタン。

    どなたにも乗りやすい、電動アシスト自転車です。

     

    湘南台店 小野

     

  • 2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO1 D-FUSE BARは、スゲー!(湘南台店)2018/11/06

    Published by
    under

    ハイレベルなロードバイクを、マルチに楽しめる、

    2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1(👈クリック)

    メーカー希望小売価格

    税抜き 450,000円

    税込み 486,000円 販売価格は、店頭へ

     

     

    今回のDEFYフルモデルチェンジで最も入念に開発され、最も注目されるファンクションは、ハンドルバーに装備された、

    CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR

    新型DEFYに仕込まれたこの機能をご紹介。。

     

    ハンドルバークランプ径31,8mmのセンター横から、シュッとつぶすような形状に変化するカーボン製ドロップバーが、

    CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR

    形状から容易に想像できますが、タテ方向に柔軟性を持たせた形状。

    路面からの突き上げをいなす能力を持たせたハンドルバーです。

    D-FUSEの“D”は、“D”型の断面形状から来たネーミング。

    かなりつぶされた“D”型の断面ですが。。。

    ヘッド規格はすでに定評のある OVER DRIVE2。

     

    DEFY ADVANCED PRO 1を試乗して、CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR の機能を確認しましたが、

    有効です。非常に。。

     

    コイルスプリングなどのサスペンションを装備することなく、CONTACT SLR D-FUSE DROPBARが、明確に路面からの衝撃を吸収しています。

    疲労軽減はもちろん、ハイスピード維持にもD-FUSE DROPBARは効果が大きく、

    頭も揺すられにくいので、視線も安定しますね。

     

    口径の大きなヘッドセット・コラムを採用する高剛性OVER DRIVE2との組み合わせるも、D-FUSE DROPBARの衝撃吸収効果を高めているようです。

     

    モータースポーツなどでは常識ですが、

    高性能なサスペンション・ダンパーを活かすためには、サスまわりの剛性が高くないと効果は半減以下。

    サスを受け止めるボディー側と、シャシー側、、 共にガッチリと強化することで、高性能なサスがムリなくお仕事できるのです。

     

    新型DEFYも同様。

    OVER DRIVE2でハンドルまわり・フロントまわりを強化することで、

    CONTACT SLR D-FUSE DROPBARをより効果的に働かせている印象。

     

    さらに、、

    CONTACT SLR D-FUSE DROPBARには、もう一つの機能があります。

    路面からの突き上げ方向に柔軟性があるだけではなく、スプリントなどライダーからの入力のある方向には剛性が高くなるよう、形状・カーボンの積層が整えられているのですが、

    D-FUSE DROPBARの取り付け角を変更することで、その味付けを変更できるのです。

     

    ドロップバーとステムの基準(0°)がマークされており、そこがニュートラル。

    レバーが上に位置するアップライトポジション(+方向)にバーを回転させると、D-FUSE DROPBARの柔軟性が上がり、

    レバーが下に位置する前傾ポジション(-方向)にバーを回転させると、D-FUSE DROPBARの剛性が上がります。

    この変更は、±5°まで可能。

    ロングライド・ハードスポーツ・レースなどシチュエーションや、好みによって変更できるのです。

     

    セオサイクル社内試乗会でスタッフ足立がD-FUSE DROPBARの角度を変えて試乗したそうですが、

    快適重視か、剛性重視か味付けは、明確に変化するとのことです。

    マルチに楽しめるDEFY ADVANCED PRO1にうってつけの、とても良い機能ですね。

     

    DEFY ADVANCED PRO 1には、

    ケーブルを内装してフレームへ導くエアロカバー付きのスペシャルステム装備。

    エアロ的にも、見た目的にもスマートなこのステムは、

    ハンドルを大きく切るとパカッとサイドが開き、ケーブル作動に悪影響が無いよう工夫されています。

     

    CONTACT SLR D-FUSE DROPBAR は、

    シンプルで、理にかなったライダーフレンドリーなファンクション。

    新型DEFYで、快適・速い・楽しいロードライディングを

    ・     ・     ・

    セオサイクル湘南台店は7日水曜定休日、8日(木)臨時休業となります。

    お気を付けください。

     

    湘南台店 小野

     

  • TRP T860 エアロロードブレーキキャリパー(湘南台店)2018/11/05

    Published by
    under

    旬です。エアロロード。。

    新世代のエアロロードは、ディスクブレーキを採用する車種が多いですが、

    ダイレクトマウントのリムブレーキを採用した車種も多いですね。

    ダイレクトマウント規格のエアロロードにフィットする、スペシャルなロードブレーキキャリパーです。

     

    TRP T860

    メーカー希望小売価格

    税抜き 24,000円

    税込み 25,920円

     

    ご覧の通り、クールなフォルム。

    エアロダイナミクスを追求した、ロードブレーキキャリパー。

    フロントフォーク上部、前方に位置するブレーキキャリパーは、エアロダイナミクスへの影響は大きいのです。

     

    ウラから見ると、機能美あり。

    ダイレクトマウント規格のフレームであれば、エアロロードに限らずスタンダードロードバイクにも互換。

     

    ブレーキのスペシャリスト、

    TRPより。

     

    湘南台店 小野

     

  • STANS RACE SEALANT(湘南台店)2018/11/04

    Published by
    under

    コンペティションMTBの世界ではすでに常識。

    ロードバイクシーンでも一気に市民権を得つつある、チューブレス。

     

    MTBでも、ロードでも、、

    現在は、チューブレスレディ=シーラントを入れる前提のチューブレスタイヤがほとんど。

     

    より高性能なシーラントも存在します。

     

    STANS RACE SEALANT

    メーカー希望小売価格(32oz)

    税抜き 3,800円

    税込み 4,104円

     

    チューブレスレディには欠かせないシーラントのNo,1ブランド、スタンズ。

    RACE SEALANTは、スタンダードのシーラントに比べ2倍近く大きい粒子を配合し、

    今まで塞ぎきらなかったパンクホールも塞げる、スペシャルシーラント。

     

    MTBはもちろん、ロードチューブレスにも有効。

     

    小野も使ってま~す。

     

    湘南台店 小野

     

     

     

  • 2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1(湘南台店)2018/11/03

    Published by
    under

    全性能アップデート、

    2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1

     

    この新型DEFY、

    セオサイクル社内試乗会でしっかり乗ってきました。

     

    DEFYは、エンデュランスロードバイク。

    ロングライドでの安定性と、優れた乗り心地による疲労の少なさなどが特徴のロードバイク。

    新型DEFYは従来型に比べ、カーボンフレームの剛性バランスとポジショニングの見直しにより、快適性はそのままにスピード性能をアップ。

     

    フレームの、駆動に関わるパートの剛性を向上。

    快適だがヤワじゃないのです。

    高められた駆動効率により、軽~く加速し、ハイスピードの維持もラク。

    ロングライド・エンデューロだけじゃなく、ハードなスポーツライドやホビーレースにもじゅうぶんに対応できるスピード性能を持ちました。

    従来型に比べヘッドチューブをショート化し、高まったスピードにマッチングしたポジションをとりやすくしています。

     

    SLR1 DISC CARBONのネームが付く新型DEFYの履くホイールは、実測で32mmほどのリムハイトを持つ、カーボン製ロードチューブレスホイール。

    クセが無くとても軽く感じるホイールは、DEFYのキャラにベストマッチ。

    フロントホイールを含めた、フロントまわりの剛性感は高く、ハードなターンやレーンチェンジにも素直に反応。

    強固なフロントまわりを実現しているのですが、新型DEFYで採用する CONTACT SLR D-FUSE DROPにより、ライダーに伝わる振動が驚くほど抑えられています。

     

    CONTACT SLR D-FUSE DROP は、D型断面を持つカーボンハンドルバー。

    カーボンの積層や形状決定に時間をかけ入念に開発したこのファンクションは、

    路面からの突き上げ方向にしなりを大きく、

    スプリント的にライダーの荷重がかかった場合は、従来ハンドル比30%剛性アップしているという、

    快適性と高剛性を両立したファンクション。

     

    重量増やパーツ結合剛性が失われるコイルサスペンションなどのギミックなく、シンプルな構造で大きな効果が得られるCONTACT SLR D-FUSE DROP、

    快適性と高剛性の両立効果は、試乗だけでも感じられるほど効いてます。

     

    DEFY ADVANCED PRO 1の搭載コンポーネントは、シマノ 8000系 ULTEGRA

    DEFYの実力をじゅうぶんに発揮するコンポーネント。

     

    ブレーキは、ハイドローリックディスクブレーキ。

    上質なブレーキタッチで、効き・コントロール性共に優れています。

    DEFYのタイヤクリアランスはMAX32C。

    標準でも28Cタイヤを履いていますので、ハイドローリックディスクブレーキとの相性も◎です。

     

    マルチなパフォーマンスを発揮する新型DEFYなら、

    マイペース&ハイペースでロングライドをこなす方、

    スポーツライドをこなす方、

    エンデューロレースやホビーレースに参戦する方など、

    多くのライディングスタイルで楽しく・速く走れるでしょう。

     

    レーシー過ぎないクールなルックスもイイ感じの新型DEFY、

    ゼヒ、セオサイクル湘南台店に見に来てくださ~い。

     

    2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1

    メーカー希望小売価格

    税抜き 450,000円

    税込み 486,000円 販売価格は、店頭へ

     

    湘南台店 小野

     

  • 2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1(湘南台店)2018/11/01

    Published by
    under

    2019年モデルとしてフルモデルチェンジした GIANT DEFY

    全性能、アップデートされています。

     

    2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1

    メーカー希望小売価格

    税抜き 450,000円

    税込み 486,000円 販売価格は、店頭へ

     

    新型DEFYが発表され、スペックやルックスから、

    「このロードバイクは、スゲー良さそう。」と思っていたので、

    先日のセオサイクル社内試乗会で、

    DEFYの試乗車、あるかな~ と、期待していると、

     

    ハーイ!

    やはり、試乗車としてありました。

    2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1

    試乗車はフレームサイズも揃っていて、ベストな状態で試乗できました。

     

    新型DEFYは、想像以上のデキです。

     

    おっと、時間が・・・

    DEFY ADVANCED PRO 1の詳しいご紹介は、

    また。。

     

    湘南台店 小野

     

  • KMC DLC11(湘南台店)2018/10/27

    Published by
    under

    チェーンは、クランクからリアホイールに動力を伝達する重要パーツ。

    超ハイパフォーマンスドライブチェーンのご紹介。

     

    KMC DLC 11 Black

    メーカー希望小売価格

    税抜き 18,700円

    税込み 20,196円

     

    ダイアモンドをあしらった、なんともゴージャスなパッケージ。

     

    パッケージを開けると、

    ビシッと詰まった黒い物体。

    「まるで、自転車パーツのブラックダイアモンドやー」

     

    アウター・インナーリンクとさらに、

    ピンまで黒光りするような仕上げを施されたドライブチェーン、DLC。

     

    付属するKMC独自の繋ぎリンク、ミッシングリンクもブラック。

     

    このブラックチェーンは、

    KMCのハイパフォーマンスチェーン 、

    👇X11 SL(👈ポチッ)を、ベースに、

     

    DLC(Diamond Like Coating)を施した、X11SLチェーンのエボリューションモデル。

    チェーンのブラックカラーは塗装ではなく、超硬度を持つダイアモンドコーティングの表面処理。

    そう、パッケージダイアモンドは、伊達じゃないんですね。

     

    超硬質表面処理ですので、駆動でカンタンに落ちる(色が抜ける)こともありません。

    サビの発生も、ほぼ皆無。

    ダイアモンドコーティングによりチェーン表面自体に潤滑性能がありますので、フリクション低減効果あり。

    チェーンオイルも少量でOKなので、オイルが汚れを誘ってのフリクションも低減できます。

     

    KMCさんのハナシでは、シ〇ノ製チェーンの3倍以上は耐久性あり。とのこと。

    DLCは2まんえんのチェーンですが、、

    耐久性とダイアモンドコーティング効果を考えると、高くはないかな。。

    軽量ですし。

     

    小野のBIKEにこの、DLC 11 Black をインストールしてみました。

    踏むと軽く掛かる感じは、確実に駆動効率アップしているでしょう。

    搭載コンポーネント SRAM RED e-TAP との変速性能相性も👍

     

    精悍なブラックのルックスもイイ感じの、超ハイパフォーマンスチェーン、

    DLC💎11

     

    湘南台店 小野

     

  • 2018 セオサイクル社内試乗会(湘南台店)2018/10/25

    Published by
    under

    10月某日

    自転車を思いっきり走らせられるクローズドコース某所にて、セオサイクル社内試乗会が行われました。

    多数のメーカーさんのご協力で、セオサイクル社員向けに多数の試乗車をご用意いただき、

    私たちセオサイクル社員がお客様により良い提案ができるよう、多数の自転車を試しました。

     

     

    スペックというモノでそのバイクの性格はわかりますが、

    やはり、

    乗ってみないとわからないこともたくさんあります。

     

     

    セオサイクル湘南台店のスタッフは、精力的に試乗。

    お客様によりマッチするバイク、お客様がより楽しめるバイクを提案できるよう、お勉強してまいりましたので、

     

     

    ゼヒゼヒ、

    自転車のコトならセオサイクル湘南台店へ。

     

    そして、

    多大なご協力をいただいたメーカー様に感謝いたします。

    誠にありがとうございました。

     

    湘南台店 小野