seocycle BLOG

About 湘南台店

店舗名
湘南台店
住所
神奈川県藤沢市湘南台1-19-5
電話番号
0466-41-0165
  • GIANT MR4 R 湘南台店オリジナル2017/06/26

    Published by
    under

    生産終了により品薄のGIANT MR4 R、お探しの方も多いと思います。

    当店の在庫に余裕のある 2017 MR4 F マットブラックをベースに、ドロップバー仕様のMR4を製作しました。

    セオサイクル湘南台 オリジナルGIANT  MR4 R です。

     

    2017 GIANT MR4 R 湘南台店LTD

    販売価格は店頭へ

     

    MR4は、ロードバイクコンポーネントに互換する設計ですので、

    フラットバー仕様の MR4 F にも ロードバイクコンポーネント シマノ SORA が装備されています。

     

    フラットバーをドロップバーに置き換え、シマノ SORA デュアルコントロールレバーに換装することで、ドロップバー仕様の MR4 R 完成。

    オリジナル MR4 R シマノ 105 コンポーネント に対し、このオリジナルは シマノ SORA コンポーネント仕様となるので、

    価格はオリジナル MR4 R に比べ抑えてあります。

    名付けたら、 GIANT MR4 “R3”  ・・かな。

     

    「ロードバイクも乗ってみたいんだけど、あんまマジなヤツはちょっとな~」

    と言う方にもオススメなドロップバーのMR4 R。

    ロードバイク並の走行性能を持ちつつカジュアルに乗ることができ、お散歩ライドにも使いやすい。

     

    ハシリが楽しいし、

    センタースタンドが付くし、

    カッコイイし。

     

    そして、

    MR4はロングツーリングの相棒にも。。

    カンタンなフォールディング機能なので、鉄道・バスなどを駆使してのツーリングもめんどくさくないし。

    クルマにも積みやすいし。

     

    MR4 R 湘南台店LTD、

    お早めに~

     

    湘南台店 小野

  • FELT F24 ジュニアロードバイク2017/06/25

    Published by
    under

    近年、趣味スポーツとして市民権を得たロードバイク。

    ジュニア用ロードバイクもラインナップが増える傾向です。

    FELT(フェルト)の24インチロードバイク、お買得SALEです。

     

    FELT F24

    メーカー希望小売価格

    税抜き 110,000円

    税込み 118,800円 SALE価格は店頭でご確認ください。

     

    タイヤサイズ 24×1 ETRTO径 520 の、ジュニアロードバイクです。

    ロードバイクの乗り方が理解できるお子様なら、幼稚園~小学一年生でも乗車可能かな。

    実車があるタイミンングでのご来店であれば、乗車可能かどうか、サイズ合わせいたします。

     

    FELT“F”シリーズに属するだけあり、戦闘力の高いF24。

    車重は8,8kg

    メインフレームは、カスタムバデッド 6061アルミ製。

     

    フロントフォークはなんと、UHC Performance カーボン素材 を採用。

    適当感の無い形状は、大人Fシリーズからのフィードバックが生きているからでしょう。

    こりゃ、走ります。

     

    小さな手でも操作しやすいと言われるmicroshift製のレバーを採用。

    microshiftが気に入らなければ、お父さんのチョイ古なデュラやアルテをインストールしましょう。

    サブブレーキレバーも標準装備。

     

    スポーツサイクリングはもちろん、

    ジュニアレースの参戦車両としても、じゅうぶんな戦闘力を発揮するスペックを持ったFELT F24。

    お父さんのお財布にやさしい、SALE価格になっております。

    コレに乗ったお子様と一緒に走りに行ったら、上りで負けちゃったりして。。

     

    湘南台店 小野

  • GIANT MR4 R ハンドルバーのハナシ22017/06/24

    Published by
    under

    2017年モデルをもって生産終了

    の、アナウンス依頼 GIANT MR4 の納車ラッシュのセオサイクル湘南台店。

     

    お買い上げいただいたたくさんのお客様、誠にありがとうございます。

    湘南台店MR4デモ車も用意し、MR4研究に余念のないセオサイクル湘南台。

     

    MR4 Rオーナーに送ったブログ、

    ドロップバー仕様の“R”の、セパレートハンドルをご紹介した、

    GIANT MR4 R ハンドルバーのハナシ(👈クリック)

     

    の、つづき。

    外したハンドルバーの正確な取り付け方法のご紹介です。

    👇モデルはセオサイクル湘南台MR4 Rデモ車、改造中ストリップ姿です。

     

     

    このドロップバーは左右セパレート構造。

    へたっぴに装着すると、左右の角度がズレる&左右の長さが違うぅ。ううう、、、

    と言うことになってしまいます。

     

    MR4 Rの専用ドロップバーは、竹をナナメにスパッ と切ったような断面。

    この面がピタッと合わされば、左右のズレがありません。

    ここまで、わかりますか~ わかりますよね~

     

    ハンドルセンター部の筒の中で、イイ感じに合わさればOK。

    イイ感じの合わせ方のご紹介です。

     

    左側のハンドルから装着します。

     

    左ハンドルに目印的なモノが見えますよね。

    左ハンドルを収める長さの目安と、角度を合わせる目安の印です。

     

    ハンドルのセンター部の筒のふちに対し、指さす縦線を目安にこのくらいまで突っ込むと左右の長さが同じになります。

    ドロップの角度は、ハンドルセンター部の数値が目安。

    ハンドルセンター部の“0”と、指さす横線の一致をちょうど良いポジションにしておきます。

    抜いたハンドルは“0”を目安に固定すればOKなのです。

    突っ込む量と、角度がOKなら、左ハンドルを固定します。

    わかりますよね~

     

    次に、

    左ハンドルを突っ込みます。

     

    こんな作業ポジションで、右ハンドルをしっかり左ハンドルに密着させます。

    センターの筒の中で、左右セパレートのハンドル断面がかみ合っている状態をキープし、

    固定。

     

    ハイ、

    左右のズレ無くセパレートドロップバーの固定ができました。

     

    よく考えられていますね、

    MR4は。

    湘南台店 小野

  • Liv GIANT 2018 ESCAPE R3 W2017/06/23

    Published by
    under

    “Liv”は、GIANTの女性専用モデルのブランド。

    Livと、独立したブランドとするくらい、女子専用のバイク&アクセサリーが充実してるGIANT。

     

    女子専用Livの、

    カジュアルだけど、しっかりスポーツの女子専用スポーツクロスバイクです。

     

    2018 GIANT ESCAPE R3 W

    メーカー希望小売価格

    税抜き 50,000円

    税込み 54,000円 販売価格は、店頭へ

     

    アルミフレームのESCAPE R3 Wの重量は約10kg。

     

    いわゆる“ママチャリ”的な自転車しか乗ったことが無いなら、驚くほどの軽さでしょう。

    軽い走行感で、ドコまでもいけそうな気がするはずです。

     

    2018年モデルNEWカラー “グリーンアップル” は、最小サイズ “XXS” で入れてみました。

    身長140cm台から乗れるフレームサイズ。

    ESCAPE R3 W のサイズ展開は、XXS・XS・Sの3サイズ。

    身長や好みにより、ちゃんとフレームサイズを選べます。

     

    2018年モデル ブルー も入荷しています。

     

    ブルーは、サドル・グリップ・タイヤサイドにブラウンのアクセントカラーを入れたシックなテイスト。

    キレイ目ブルーにコゲ茶が似合ってます。

     

    完成度の高さ・ルックス・コスパの優れた GIANT ESCAPE R3 W

    女子にオススメのスポーツクロスバイクです。

    湘南台店 小野

  • 2018 Bianchi お披露目会2017/06/22

    Published by
    under

    昨日の関東は大雨でしたね。

     

    雨が降りしきるオサレエリア 代官山 で、Bianchiの2018年NEWモデルを見てきました。

     

    2018モデルのビアンキは、かなりイイ感じのモデルが多い印象。

     

    まずは、電動アシスト スポーツクロスバイク、CAMALEONTE-E

    電動アシスト e-system を積んだ軽量アルミフレームのクロスバイクです。

     

    今後高価な電動アシストスポーツバイクが増えるであろうが、コイツの良いところは何といっても価格。

    税抜き 169,000円

    税込み 182,520円 という、現実的な価格でのリリース。

    走行性能も侮れないCAMALEONTE-Eは、生産数が少なく完売が目に見えてますので、発注いたしました。

    セオサイクル湘南台に入荷します。

    ご予約も承ります。

     

     

    ロードバイクは👇コレが目を引いてました。

    レーシングフレーム SPECIALISSIMA のマルコ・パンターニ レプリカカラー。

     

    で、パンターニ風味の入ったバイクでさらに響いたのが、

    👇コレ FENICE PRO

     

    アルミをさらに進化させた スカンジウム合金製フレームの FENICE。

    カーボンフレームのアンチテーゼなのか、、

    アルミフレームを現代の技術で進化させたロードフレームは、各社から意欲作がリリースされている今日この頃。

    Bianchiは進化させたアルミフレームに、アルミフレームが第一線で活躍していた頃をオーバーラップ。

     

    アラフォー以上であればヒット確実の、

    刺繡の入ったSelle ITALIA  flite に、ITMのステム。

    ITMって、イタルマヌブリでしたっけ?

    イタルマっていう響きだけでカッコイイ。

    FENICE PRO シマノ105仕様

    税抜き 243,000円

    税込み 262,440円

    10月頃入荷予定。

     

    👇コッチのカラーも展開。

    ブラック/イエロー も、10月頃入荷予定。

     

    さらに、

    クロスバイクシリーズ ROMA や、

     

    キッズ・ジュニア バイクも、

    イイ感じのBianchiでした。

     

    2018Bianchi ご予約するのに一番良いタイミングです。

    ご相談・ご予約お待ちしております。

    湘南台店 小野

  • 2018 MAVIC お披露目会2017/06/22

    Published by
    under

    MAVIC 2018年 NEWモデルの、ショップ向けお披露目会に行ってきました。

    ロードホイールに大変革ありです。

    MAVIC ロードホイールは2018年モデルから、UST ロードチューブレスモデルがデビューします。

     

    KSYRIUM

     

    COSMIC

     

    COMETE

     

    などのNEWモデルに採用される UST ロードチューブレス。

     

    特徴は、リム断面曲線。

    チューブレスタイヤの装着には、コンプレッサー的な勢いのあるエアの充填が必要でしたが、

    リム断面曲線を最適化させることにより、低いエアでもビードに乗るのです。

    リム断面に最適化されたMAVIC製タイヤですと、ハンドポンプでもビードが乗りましたよ。

     

    多彩なラインナップの 2018MAVIC。

    ご予約も承ります。

    お気軽にセオサイクル湘南台店まで、ご相談ください。

    湘南台店 小野

  • ROTOR Water Bottle2017/06/18

    Published by
    under

    Q-RINGSや、高剛性クランクなど、

    独創的コンポーネンツをリリースする ROTOR

     

    ROTOR の、ウォーターボトルが入荷です。

     

    ROTOR Water Bottle

    メーカー希望小売価格

    税抜き 800円

    税込み 864円

     

    クルリと1/4回転させると、

    👇ロゴはこんなんです。

     

    Tacx製のボトルです。

    Tacxボトルケージ

    も、どうぞよろしく。

     

    Q-RINGS

    FLOW クランク

    3D+ クランク

    も、どうぞよろしく。

    湘南台店 小野

  • GIANT MR4 R ハンドルバーのハナシ2017/06/16

    Published by
    under

    “ロードバイク並のスピード走行と折りたたみの利便性を両立”

    と、メーカー側が話すMR4。

     

    “ロードバイク並”と言ってもロードバイクのレベルが幅広いのでアレですが、

    MR4と同価格のロードバイクと比べれば、遜色ないハシリ。

    ヘタなクロスバイクよりも、高速&長距離走行性能は格段上です。

     

    で、

    “折りたたみの利便性” は、豪語する通り、

    フロントホイールを外し、クィ~ンと👇やれば、

    スグこの状態になります。

     

    さらに、あまり知られていない機能として、

    ドロップバー仕様のMR4 Rには、左右ハンドルを抜くことができる、セパレート機能が付いているんです。

     

    👇組み立て途中の 湘南台店デモ車です。

    ハンドルまわりがストリップ状態なので、セパレート機能が分かりやすいかと。

     

    セパレート機能をご紹介。

     

    ステムでクランプする部分に対し、左右のドロップ部が固定されている構造。

     

    固定ボルトはコレ。

     

    このボルトを緩めると、

     

    ドロップ部が抜けるんです。

     

    左右ドロップ部が抜けると、ご覧の通り。

    輪行される方ならお分かりかと思いますが、ペダルを外し幅方向の出っ張りが無くなるだけでも担ぎやすくなるものです。

    フォールディング状態での幅が大幅に少なくなり、担ぎやすさ全開です。

     

    ハンドルバーも専用設計であるMR4 R。

    これだけのコダワリが装備された自転車にしては、かなりお安いぞぉ。

    もしも、今から再生産させる為にモールドなどの設備投資を考えると、今の価格は割に合わないから後継機種も出ないのかな?

     

    やはりMR4は、名車です。

    湘南台店 小野

  • ARGON 18 GALLIUM PRO ASTANA TEAM REPLICA2017/06/15

    Published by
    under

    IQの高さを感じるバイクづくりを行う、ARGON 18。

    ARGON 18は、今シーズンよりUCIプロツアーチームの ASTANA Pro Team へ、バイク供給が開始されました。

    ARGON 18 のオールラウンドレーサー GALLIUM PRO の、

    ASTANA TEAM REPLICA です。

     

    ARGON 18 GALLIUM PRO FS ASTANA TEAM REPLICA

    メーカー希望小売価格

    税抜き 364,000円

    税込み 393,120円

     

    ASTANAカラーのLTDフレームセットは、お客様よりオーダーいただいたモノ。

    オーダー、誠にありがとうございます。

     

    軽量レーサーのGALLIUM PROに、ASTANAカラーが似合ってますね。

     

    ARGON 18 の、多くのバイクに採用される、3D HEADTUBE System。

    好みのハンドル高に合わせ、ハイトの異なるヘッドセットが付属。

    と言うより、

    ハンドル高に合わせヘッドチューブ長を可変できるシステムと言えます。

     

    BBまわりは、

    右と、

     

    左で、

    異なる造形。

     

    駆動効率の最適化を考えたデザイン。

     

    細身のバックステーが良い乗り心地を期待できます。

     

    トップチューブとシートステイは、結合性のあるデザインです。

    リアバックから前回りとの一体性を高めると、フレーム全体剛性が上がり、進むバイクになるのです。

     

    FD台座の角度調整が可能。

    細かいトコロですが、イロイロなパターンが考えられる搭載コンポーネントでの、最適な性能を出すためのファンクション。

     

    カッコイイ一台に組みあがりそうだ。。。

    湘南台店 小野

  • GIANT MR4 R 最終生産ロット、入荷2017/06/15

    Published by
    under

    ロードバイクのコンポーネントを搭載した24×1ホイールのコンパクトスポーツであり、画期的なフォールディング機構を採用した、

    GIANT MR4

    1999年デビュー以来、搭載コンポーネンツの変更はありましたが、モデルチェンジをすることなく現在へ。

    この名車 MR4 は、生産設備の老朽化により2017モデルを最後に生産終了。

    最後の生産ロット分の MR4 R が、セオサイクル湘南台店に入荷しました。

     

    データを見ると、2017/05/25 生産あがり分です。

    この入荷が最後だと思うと、さみし~

     

    湘南台店 小野