seocycle BLOG

About 湘南台店

店舗名
湘南台店
住所
神奈川県藤沢市湘南台1-19-5
電話番号
0466-41-0165
  • 2019 SCOTT FOIL 20(湘南台店)2018/09/18

    Published by
    under

     

    小野オススメのロードバイク、

    SCOTT FOIL

     

    2019年モデルのFOIL 20

    入荷しました。

     

    2019 SCOTT FOIL 20

    メーカー希望小売価格

    税抜き 399,000円

    税込み 430,920円 販売価格は、店頭へ

     

     

    HMF フルカーボン、エアロダイナミクスフレーム。

     

    シマノ ULTEGRA コンポーネント。

     

    あとは、

    エアロホイールを履けば完璧。

    ホイール換装は、乗り込んでからのお楽しみ。

     

    2019のロードバイクは、コレです。

    ・     ・     ・

    セオサイクル湘南台は、

    9月19(水)定休日、20日(木)臨時休業です。

    ご来店の際は、お気を付けください。

     

    湘南台店 小野

     

  • Staff`s Bike SCOTT FOIL RC Cranks(湘南台店)2018/09/17

    Published by
    under

    今年の夏に組んだMy FOIL(👈ポチッ)

    このFOILお店に置いておくと、お客様からはアッセンブルするパーツに関する質問もチラホラ。

     

    My SCOTT FOIL RCのパーツアッセンブル、

    クランクまわりのご紹介。

     

    SCOTT FOIL RCのBB規格は、プレスフィット形式のBB86。

    シマノからもプレスフィット式BBが唯一リリースされるBB86は、24mmアクスルシャフトクランクの使用が前提のBB規格。。

     

    My FOILに選んだクランクは、カーボン製のクランクアームを持つSRAM RED 22クランク。

    SRAMのクランクは初使用。

    REDクランクには30mmアクスルのBB30と、

    24mmアクスルのGXPがラインナップされ、

    BB86規格のFOILには当然GXPが互換するのですが、

     

    軽量高剛性大口径30mmアロイアクスルのREDクランクをインストールしたかったのですね。

    アクスル径30mmと24mmどちらもラインナップがあると、

    やっぱ、ぶっといほうにあこがれる、、、

     

    密かに(!?)バリエーションに加わっていたRED 22 クランク PF386用なら、シェル幅がBB86と同様なはず。

    おそらく、BB86⇒30mmアクスルのBBベアリングで互換するのでは、、、

     

    予想通り。

    👇 バッチリ互換👍。。。

    BBベアリングは、CERAMIC SPEED製です。

     

     

    My FOIL RC、最初の本格走行約30kmほど走ると、、

    全体の仕上がりは上々なのですが、REDクランクの真円のチェーンリングに違和感。

    ずっと楕円のROTOR Q-Ringsを愛用していたので、ペダリングリズムが合わないんです。

    ペダリングが重く感じるんです。真円だと。。

    REDクランクにROTOR Q-Ringsは互換しません。

     

    作戦1 このまま真円リングを使い、慣れる。

    作戦2 なんとかQ-RingsをREDクランクにインストールさせる。

    👆 作戦2で行きました。 大成功👍👍。。。

    30mm大口径アロイアクスル&カーボンクランクアームのSRAM RED22 PF386 クランクと、

    踏みなれた楕円率10%のROTOR Q-Ringsの組み合わせは、戦闘力高っ。

     

    柔軟なアイデアによる様々なノウハウは、お客様のバイクにフィードバックされるのです。

    相棒のご購入は、セオサイクル湘南台へ。

     

    湘南台店 小野

     

  • 2019 SCOTT SPARK 970(湘南台店)2018/09/16

    Published by
    under

    お客様からオーダーいただいた、

    2019年NEWモデルの、SCOTT フルサスMTB スパーク、

    入荷しました。

    ありがとうございます。

     

    2019 SCOTT SPARK 970

    メーカー希望小売価格

    税抜き 239,000円

    税込み 258,120円 販売価格は、店頭へ

     

    SPARKの、リアホイールトラベル量は120mm

    ペダリングロスが少ないトラベル量は XC・トレイルなど、

    上りのあるシチュエーションでも活躍します。

     

    サスペンションフロントフォークのトラベル量もリア同様の120mm

    フレームカラーと合わせたROCKSHOX JUDYがイイ感じ。

    前後ともエアスプリングのサスペンションユニットです。

    ホイール径は29。

     

    車体の低い位置、かつ中心にマウントされるリアサスユニット。

    “マスの集中化” により、操縦性がとても良いSPARK

    サスユニットはアッパー・ロア共に強固にマウントされ、

    サスユニットが良いお仕事をするような環境が整えられたフレームデザイン。

     

    軽快なコギと、最適なサスペンションで、

    里山も、街も、楽しく走れるSCOTT SPARK、

    湘南台店オススメのフルサスMTBです。

     

    湘南台店 小野

     

  • Staff`s Bike SCOTT FOIL RC(湘南台店)2018/09/15

    Published by
    under

    湘南台店Staff 小野。(つまり、私。。)

     

    この夏組み上げた小野のBikeのご紹介。

     

    フレームは、2017 SCOTT FOIL RC FrameSet リムブレーキ仕様

    “RC”グレードは、“HMX”と呼ぶ高弾性カーボン素材を採用したトッププロと同仕様の、レーシンググレード。

     

    2017と2018のFOIL RCとは、カラーリングが違う程度。

    2017のカラーの方がイエローが多く好みだったので、2017をチョイス。

     

    スタイリングからもわかる通り、FOILはエアロロードバイク。

    エアロロードには硬い印象があると思いますが、FOILはエアロロードNo.1の乗り心地ではないかと思います。

    悪路もコースに含まれスペシャライズドROUBAIXなど、各社サスペンションや積極的にフレーム変形させるようなファンクション取り入れたロードバイクが活躍するワンデイレース、パリ~ルーベ。

    そのパリ~ルーベにおいて2016年、なんとFOIL RCが優勝!

    ハイスピード域での加速や巡行が得意で楽しいピュアレーシングでありながら、

    長時間のライディングでもライダーに優しい、エンデュランスロード的なパフォーマンスも兼ね備えています。

     

    FOIL RCのハシリを一言で言うと、スピード感が無いのに速い。

    トッププロが使用するフレームだけに、小野には余るほどの剛性があるだろうが、踏んでも“ガッ”と来る硬い印象が全くないのです。

    過剰な剛性を感じないので速い印象が薄いのですが、実際のスピードはそうとうなモノ。

    自転車の進む方向やコントロールに不必要な剛性を削ぎ、必要な剛性だけを残したような印象。

    例えると、鍛え上げた細マッチョ的!?

    乗り始めたMy FOILとは700kmほどハシリを共にしましたが、チョ~気に入っています。

     

    “HMX”カーボンを使用するハイエンドのFOILは、2019年モデルよりディスクブレーキ仕様のみのラインナップとなります。

    DISCもアリですが、、、

    HMXカーボン・リムブレーキ仕様のハイエンド FOIL RC は、現在少量在庫あるようでサイズよってはまだ手に入るようです。

     

    SCOTTのコトなら、セオサイクル湘南台ご相談ください。

     

    湘南台店 小野

     

  • ZIPP入荷第七弾(^^)/ ZIPP SERVICE COURSE SL-70 RoadBar(湘南台店)2018/09/14

    Published by
    under

    セオサイクル湘南台お得意のZIPP。

     

    ZIPP入荷ぁぁ、

    第一弾 808 FIRECREST TUBULAR(👈ポチッ)

    第二弾 SL-70 AERO RoadBar(👈ポチッ)

    第三弾 SL SPEED CARBON Stem(👈ポチッ)

    第四弾 202 NSW CLINCHER(👈ポチッ)

    第五弾 NEW 303 FIRECREST TUBULAR(👈ポチッ)

    第六弾 SL-70 ERGO RoadBar(👈ポチッ)

     

    につづき、第七弾は、、

    アロイ製でもいいモノつくるZIPPです。

     

    ZIPP SERVICE COURSE SL-70 RoadBar

    メーカー希望小売価格

    税抜き 13,220円

    税込み 14,277円 販売価格は、店頭へ

     

     

    エアロダイナミクスとカーボン素材に長けたZIPPですが、

    アロイ(アルミ)素材のコンポーネントも妥協なし。

     

    SERVICE COURSE SL-70は、7000系アルミ製のロードバー。

     

    👇ZIPP入荷シリーズの第六弾でご紹介のSL-70 ERGO

    SL-70と、同じネーミングが入りますが、

    70は、70mmリーチのコト。

    両ハンドルとも、70mmリーチ。

    SERVICE COURSE SL-70は、SL-70 ERGOのアルミ版的な存在です。

    お手軽なお値段もミリョク。

     

    アルミの中では軽量・高剛性な素材7000系を使用したSERVICE COURSE SL-70

    さすがZIPPな精度の高さは、ハシリの精度も上げてくれます。

     

    湘南台店 小野

     

  • SUPACAZ POLY(湘南台店)2018/09/08

    Published by
    under

    クールなカーボン製ボトルケージ

    SUPACAZ FLY CAGE(👈ポチッ)

     

    👆SUPACAZ FLY CAGEの弟、

     

    POLYです。

     

    SUPACAZ POLY

    メーカー希望小売価格

    税抜き 1,400円

    税込み 1,512円

     

    POLYは、樹脂製のボトルケージ

    シンプルなスタイルでイイ感じ。

    ボトルの差し込み・保持も良好。

    さすが、SUPACAZ

     

    ちなみに、、

    ボトルケージをボトルゲージと言うのは間違いです。

    “ゲージ”は、Gauge=計器、測定器、規格などの意

    “ケージ”は、Cage=鳥カゴ、ペットの檻、格子のある窓口などの意

    ボトルケージは測定器よりも、鳥カゴ的ですよね。

    なので、ケージ。

     

    小野のプチ情報コーナーでした。

     

    湘南台店 小野

     

  • 富士見パノラマまで行ったのですが、ロードにしたよ~2018/09/07

    Published by
    under

    富士見パノラマまで行ったのですが、

     

    MTBコースコンディションによりロードライディングに変更。

     

    須玉からのつづき。

     

    R141 清里ラインは、そこそこの交通量。

    前日の台風の影響で道路の左寄りに小枝・大枝が溜まっている個所も多く、車道寄りを走らざる負えない場面もあります。

    そんな時は後方を確認し、クルマがいれば、

    「スマン、私はあなたのジャマな位置で走らなければならない。しかもキツイ上りでスピードが上がらない。スマン」オーラを出しながらドライバーに合図。

    上りの極低速で、安全に抜けるまで極低速で追い越しを待ってくれるトラックやダンプ。

    追い越した後、ハザードを焚いてくれるドライバーもいます。

    一般道ライディングで一番大切なのは、他の交通手段とのコミュニケーションです。

    小野からのワンポイントアドバイスでした。

     

    👆R141 月の木上橋から上流を望む。

    帰りは、高い位置に見える橋のさらに奥の道、八ヶ岳高原ラインで下る予定。

    ということは、まだまだ上る。

     

    ここらへんの標高は928m。

    なのに、気温27,2°

    日差しもキョ~レツ

    あち~よ~

     

    ほうとうで有名な小作さん 清里店まで上がってきました。

    ゴハン ゴハン

     

    インスタとか、個人SNSをやってません。

    なんか、ゴハンの画像を撮ることに抵抗を感じてしまうオヂサンですが、撮ったよー

    焼豚ほうとう

     

    人間だれしも、、 腹いっぱい昼ゴハンを食べると動きたくなくなるモノでは無いかと思います。

    そんな自分に鞭打って、

    さらに高いトコロ、清里No.1ソフトクリームポイント、清泉寮を目指します。

     

    👆清泉寮に向かうキツイ上りで、

    地元に住んでいるであろう(又は別荘かな)外国人のおばちゃんに、

    「ナントカー!👍」と、声援を頂きました。

    「せんきゅー👍  べりー はーど~・・・」

    答えになってるのか?

     

    とりあえず目的地の清泉寮到着。

     

    👇こんな感じですかね。

    インスタ映えって。 やってませんが。。

    しかしイイ天気。

     

    そもそもMTBダウンヒルをしに来たので、帰りのダウンヒルはいちばん気持ちよく走れるであろうルートを選びます。

    清里から甲州街道までのルートがいくつかある中で、最も八ヶ岳側の八ヶ岳高原ラインで下ります。(地図でも見てね~)

     

    八ヶ岳高原ラインは、高原&森の中のワインディングロード。

     

    👇ピークから下る斜度もなかなかでしょ。

     

    けっこうなハイスピード域に達しますし、ハイレベルなコーナーリングも現れます。

    こういったシーンではバイクの絶対性能や特性、タイヤの性能などがわかりやすい。

    そして、たのしー。 ノウハウも蓄積。。

    皆さん、こういったコースを走行する場合は、しっかりとバイクの整備を。

     

    山裾の谷まで下ってきました。

    ゴールはもうすぐ。

     

    トータルの獲得標高は、1,195m

    あー、走った走った。

    貧脚には、こんくらいでおなかいっぱい。

     

    湘南台店 小野

     

  • 富士見パノラマまで行ったのですが・・・2018/09/06

    Published by
    under

    珍しく(!?)小野が走りに行ったので、

    今回は商品紹介ではなく、その時の模様をお伝え。

     

    「明日、富士見パノラマ行こう」と思い立って準備し、明け方出発。

    到着。。

    とても良い天気なのですが、この日は台風21号が過ぎ去った翌日。

    DHコースはウェットコンディションの為、初心者コースのみの営業。とのこと。

    中級・上級が走れないと、楽しさ半減・・・

    いや、半減の半減・・・

     

     

    しか~し!

    ある程度予想していました。

    ダートがウェットならロード乗ろうと、ロード積んでおきました。

    富士パノ以外のダートもウェットだろうし、ウェットのダート走行は路面を痛めるし。

     

    よし、今日はロードだ。

    富士見パノラマ周辺でロードに乗るのは、初めてだし。

    思い立ってゲリラ的に出発したので当然一人。

    一人だと、突然の予定変更に躊躇ナシです。

     

    準備完了。

    ロードで目指すは清里。

    清里はここよりも高原。当然上るんです。

    R141 清里ラインで上る予定。

    きつくなったら、予定変更OK。一人ですから。

     

    とりあえずR20 甲州街道を甲府・東京方面へ。

     

    甲州街道沿いの川は、台風行った後感満点。

     

    R141 清里ラインは、須玉から入ります。

    R20 甲州街道から須玉へは一山というか、一台地越えます。

    暑い。。 30度超えてる。

     

    最初の上りを上がると、台地の上を走るJR中央東線の日野春駅。

    好ましいたたずまいの駅舎。

    駅の外れには、大昔SLで峠越えしていた時代の給水塔が放置プレーされてます。

    最近、昭和なモノに反応してしまう。

    確実にオヂサン化してます。

     

    日野春駅で小休憩。

    駅反対を見ると、奥に南アルプス。

    日野春駅前のお店は床屋さんのみ。

    しかも、なぜか床屋さん2件。

    ユルすぎて、なんかイイ。

    ココ。

     

    左折 R141 清里ラインで清里を目指す。

    は~ こっから上りか~

    つづく

     

    かな?

     

    湘南台店 小野

     

  • SPECIALIZED S-WORKS CHICANE(湘南台店)2018/09/03

    Published by
    under

    ツールドフランスを走ったバイクたち

    とは、

    WEB バイク情報サイト、シクロワイアードさんの人気ニュース。

     

    ツールドフランス2018

    ツールを走ったクイックステップのバイクたち(👈ポチれます)

    の、ニュースの最後の方、

    “ジルベールとテルプストラが愛用するサドルが、既に廃盤となって久しいCHICANE”

     

    既に廃盤になって久しい、S-WORKS CHICANE、

    セオサイクル湘南台にあります。

     

    SPECIALIZED S-WORKS CHICANE CARBON

    メーカー希望小売価格

    税抜き  24,000円

    税込み 25,920円

    販売価格は、展示品のみのSALE価格になってます。

     

    S-WORKS CHICANEを、なぜ今だにセオサイクル湘南台店で在庫しているかと言いますと、

    このサドルが廃盤になると聞き、最終ロットを多く仕入れていたのです。

     

    なぜ、最終ロットを多く確保したかと言いますと、

    非常に優秀なサドルだからです。

     

    S-WORKS CHICANEは小野も使用し、非常に相性が良く、

    ご購入いただいたお客様にもたいへん好評なサドルでした。

     

    BODY GEOMETRYコンセプトのCHICANE。

    センターはホールではなく凹で圧迫を軽減。

    ホールではなく凹なので、座り心地が自然です。

     

    S-WORKSグレードのレーシングサドルなのですが、以外とパッド量が多い印象。

    腰をおろすとパッドがプログレッシブに沈み込み、腰を安定。

     

    お尻の安定を好むライダーに相性が良いと思います。

    安定した腰により、力強いペダリングや、スムースなペダリングの助けになり、

    さらに、

    体重の軽いライダーへの相性は良いと思います。

    小野もそうですが、軽量級でも荷重がかかりやすい。

     

    CHICANEが優秀なのは、いまだにトッププロが愛用していることで証明していますね。

     

    S-WORKS CHICANEは、ブラックのほか、

    ホワイトも在庫しております。

     

    ただし、

    さすがに在庫は数えるほどの数になってしまいました。

    お探し方、

    使ってみよう! な方、

    お早めに~

     

    湘南台店 小野

  • 2019 GIANT LIV&E-Bikeもイイ感じ(湘南台店)2018/09/02

    Published by
    under

    GIANT 2019 NEW 発表展示会

     

    GIANTの女性専用モデルシリーズ “LIV” もステキです。

     

    “LANGMA”=ランマ

    LANGMAは、女子専用LIVシリーズの軽量オールラウンドロードバイク。

    ネーミングのランマは、チョモランマのランマだそうです。

    上りに強そう。。

    👆は、

    ALUXX SLアルミフレーム採用のLANGMA SL 1

    👇価格は、

    完成度からすると、かなりリーズナブル

     

    このLANGMA SL 1、

    カメレオンブルーのカラーリングがステキです。

    カタログ画像ではわからない、上質なカメレオン感。

     

    ・     ・     ・

     

    高い走行性能を誇るアドバンスドカーボンフレームのLANGMAもラインナップ。

    👇LANGMA ADVANCED 1

    メーカー希望小売価格

    税抜き 260,000円

    税込み 280,800円

    カラーは、ダークパープル。

    ブルー系のロゴとパープルの組み合わせが超ク~ル。

    👆の写真を撮っていたら、GIANT女性スタッフから、

    「フラッシュでも撮ってみてください💛」

    と声を掛けられたので、

     

    新たに導入した一眼の強制フラッシュモードへ

     

    アレ、どうやったらフラッシュモードなんだ、、、

    マゴマゴ、、

     

    カッコワル~

     

    👇で、撮った写真

    背景、

    白馬五竜岳ではなく、

    チョモランマだそうです。。

     

    ・     ・     ・

     

    2019年モデルでGIANTは、

    本格的な電動スポーツクロスバイクをリリースします。

     

    ESCAPE RX-E

     

    ヤマハ製モーターと、

    パナソニック製バッテリーの、

    ジャパニーズカンパニーコラボのパワーユニット。

     

    モードは4つ。

    エコ+モードで225km

    スポーツモードで90km走行可能なカタログスペック。

     

    展示車は量産前のプロトですが、走行も可能な、ほぼほぼ量産と同様仕様。

    展示会直前ギリギリで日本にやってきたそう。

    GIANTさんがE-BIKEをリリースしてくれると、スポーツE-BIKEがもっともっと盛り上がるかな。

     

    価格を含めた正式発表は、10月です。

     

    ・     ・     ・

     

    多彩なライナップを誇るGIANT

     

    街乗り・アーバンバイクや、

     

    MTBなど、

     

    2019 GIANT ご注文・ご相談、お待ちしております。

     

    湘南台店 小野