seocycle BLOG

ワクワクして大興奮の3日間2011/10/25

Published by
under

ひさしぶりの投稿です。 宇都宮店です

年に1度のお祭り

そう! ジャパンカップです

10月21日(金)チームプレゼンテーション

10月22日(土)大通りクリテリウム

10月23日(日)ジャパンカップ

今年は、20回目の節目の大会

セオサイクルブログをご覧いただいているみなさまの中にも、「ジャパンカップ見に行ったよ」という方

たくさんいらっしゃるのではないかと思います

今年は7万人超が集まったそうで、毎年増え続けているんです

それもそのはず、プロツアーチームの選手を間近で見ることができるレースは日本でここだけ(のはず・・・)

ランプレ、リクイガス、サクソバンク、アスタナといったプロツアーチームから

ダミアーノ・クネゴ、イヴァン・バッソ、マヌエーレ・モーリ、ロマン・クロイツィゲル、グスタフ・ラーションなどなど

グランツールなどでおなじみの選手たちが目の前を走るわけで・・・平常心でいられるわけがありませんね

今年はそれ以上に日本人選手の活躍で大興奮でした

10月22日に行われた「大通りクリテリウム」では、残り200mぐらいだったでしょうか、宇都宮ブリッツェンのスプリンター

辻選手が番手をとって絶好のポジション!

まさか!?  優勝!? という展開に沿道は大盛り上がり 「ツジー! イケー! 」

結果は残念ながら4位でしたけど、魅せてくれました。みんな大満足。

10月23日の「ジャパンカップ」では

3,6,9週目に設定された山岳賞は

地元ブリッツェンの初山選手(3週目)、宇都宮出身でシマノレーシングの青柳選手(6週目)がゲット

古賀志の山頂はお祭り騒ぎだっただろうなぁ・・・と

さらに

ラスト3㎞で 新城選手とランプレのモーリ選手が17秒差をつけて逃げる展開

日本人初の優勝!? なるか? 期待するなというのは無理な話でありまして・・・

でも最後はラスト300mで追いつかれ、11人のスプリントに

しかし! まだ終わらないのが今年のジャパンカップ

アイサンの西谷選手とニッポの佐野選手

そしてジェネシス・ウェルスアドヴァイザーズのハース選手のゴールラインぎりぎりの攻防

結果は1位ハース選手 2位西谷選手 3位佐野選手でした

22日と23日の両日とも「日本人選手の優勝」を期待させる展開に大満足の2日間

また来年が楽しみです

ジャパンカップ未体験の方は来年ぜひどうぞ

スポーツサイクリング情報ステーション「シクロワイアード」

大通りクリテリウム

http://www.cyclowired.jp/?q=node/71057

http://www.cyclowired.jp/?q=node/71055

ジャパンカップ

http://www.cyclowired.jp/?q=node/71150

宇都宮店 中山