セオサイクルのブログ | BLOG

2020年10月19日

【セオサイクル辻堂店】パナソニック号修理〜フォーク交換編【店長大町サイクリングシリーズ】

辻堂店

皆様こんにちは、セオサイクル辻堂店 大町です。

長年私が愛用している、パナソニック号

(ORCD-01)、通称パナ号。

パナ号の勇姿は過去ブログをどうぞ♪。

通勤、ツーリングに数年酷使した結果。

ついにフォークがヘタってきました

(なんかギシギシ言うようになった)。

ということで、フォーク交換を行いました!。

今回はその模様をお伝えします〜。

 

↑長年の使用で満身創痍?

かれこれ5年くらい(もっとかも?)ほぼ毎日稼働。

通勤で恐らく4万キロくらい、

プライベートで1万キロくらい走っているのでは?。

コンポーネントは2年毎くらいで大改修しています。

本当はフォークだけではなく、

ヘタってきてるホイールも交換したいところです。

↑独特の形状

パナ号のフォークはアルミコラム仕様のカーボンフォークです。

フルカーボンより重いですが、なんとなく安心感があります。

↑取り外した図

購入以来初のフォーク脱着です。

だいぶ汚いです。

今回はついでなのでヘッドのベアリングも交換します。

(本当はヘッドパーツ交換といきたいが、コスト削減のためベアリング以外は流用)。

 

↑NEWフォークとの比較

幸い同じフォークを手に入れることができました。

さすがパナソニックさんですね。

ただカラーはブルーからブラックへ変更となります。

まあ、換えた感が出ていいかも。

↑コラムカット前の図

コラムカット前に仮組みして

コラム長を決めます。

今後の体型変化や加齢を考慮して、

今回は少し長めにしようかと思います。

 

↑コラムカット後の図

一度フレームから外し、コラムをカット。

今回はパイプカッターで切りました。

ノコギリより早いですが、断面が横に広がるので、

ヤスリがけをきちんとしないとステムが入りづらいです。

 

↑1センチくらい長めにしました。

今後、太ったり腰を悪くしても乗れるように、

長めに切りました。

↑完成の図

完成しました。

ステム上のスペーサーがちょっとアレですが、

まあまあ満足の出来です。

これで安心して乗れますね。

ただ、他のパーツも経年劣化が見られますので、

徐々に交換していきたいと思います。

次はサドルかな?(全く同じものを入手済み)。

次回をお楽しみに。

セオサイクル辻堂店 大町

p.s

ギシギシ音は実はホイールから発生してました。

DISCローター交換のタイミングで交換しようかな?。

 

 

5929