商品情報

2021年9月13日

【商品紹介】ネスト ガベルフラット - バイクパッキング完全対応のフラットハンドル・グラベルロード -

相模原中央店

 

NESTO
GAVEL FLAT
メーカー希望小売価格
税込み 97,900円

 

普段はオンロードを走り、時には砂利路(グラベル)も走破可能なグラベルロード。新しい荷物の積載方法・バイクパッキングに対応し、自転車旅の可能性を広げる注目のジャンルです。

 

ネストのGAVEL(ガベル)シリーズは、グラベルロードのトレンドを抑えており、今回ご紹介するガベルフラットは、スポーツバイクが初めての方でも扱いやすいフラットハンドルタイプです。

 

 

フレームは、軽くて丈夫な6061アルミニウムを採用し、車体重量は10.6kg(530mm)。走りが軽いだけではなく、グラベル走行時にやむなくバイクから降りて押したり、担ぎ上げたりするときにも、軽さは大きなアドバンテージになります。

  

 

アルミフレームの弱点として、路面からの振動が伝わりやすく乗り心地に影響する特性がありますが、ガベルフラットは " FLEXOR(フレクサー)" という、シートステーとチェーンステーを扁平に加工することによって、フレーム自体がしなり振動を吸収する構造になっています。

 

 

振動を吸収するフレクサーと、700×38Cのグラベル用タイヤの組合せによって、グラベル走行時でも安定して走れるのでストレスフリー。舗装路においても段差の乗り上げすら快適です。

 

 

ガベル最大の特徴、バイクパッキング対応のダボ穴。ボトルケージなどを取付ける際、フレームバッグに干渉しないよう位置調整できるよう、ダウンチューブには3つ付いています。

 

 

ダウンチューブ裏にもダボ穴が付いています。同じくケージの取付けが可能ですが、路面に近く泥をかぶりやすい場所でもあるため、汚れに強く密封性の高いツールボトルなどに、使用頻度の多くない工具類などを入れるのがよいでしょう。

 

 

ハンドルに近いトップチューブにもダボ穴があります。こちらは、バイクパッキングの便利アイテムの一つ、トップチューブバッグを取付けた際、バッグの底面に固定用の穴が空いていればボルトで挟んでずれないようにできます。

 

トップチューブバッグは貴重品を入れる機会が多く、取付け方はマジックテープでフレーム等に固定するだけなので、ずれたりして落下する可能性もあるので、しっかり固定できるというのは心理的にもありがたい機能です。

 

 

フロントフォークにも左右2箇所、ケージを取付けられるようになっています。大型ケージを取付けて、輪行袋や小型のキャンプ道具などを収納するなど、従来のフロントキャリアに近い使い方が可能です。

 

 

実際にバイクパッキング用のフレームバッグとサドルバッグを取付けると、こんな感じになります。

 

【関連記事】

>> 【商品紹介】ブラックバーン アウトポストフレームバッグ - 使い勝手の良い、バイクパッキングの中心的ギア -

>> 【商品紹介】ブラックバーン アウトポストシートバッグ&ドライバッグ - フレームバッグと併せて、泊りがけのバイクトリップが可能なバイクパッキング用サドルバッグ -

 

 

フレームサイズは500mm身長が165cmから175cmぐらいの方にピッタリです。

 

 

ブレーキはシマノ製の油圧式ディスクブレーキを採用。強力なブレーキングが特長で、グラベルではホイールに泥が付着しやすく、安定してブレーキがかけられるというのは心強いです。

 

 

ディスクブレーキの性能を最大限引き出すために、エア抜きを行い

 

 

スムーズなハンドル操作の要となる、ヘッドセットのベアリングにはグリスを塗布。シールドタイプなので、そのままでも十分に耐久性は高いのですが、雨や汗の浸入は多く、ベアリングを痛める原因となるので適量を追加してあります。

 

 

 

コンポーネントはシマノ・ALIVIOを中心に構成した2×9Speed。歯数構成は、クランク側が40×28T、リアスプロケット側が11-36Tと全体的に軽いギア比になります。そこそこのスピードで、冒険を楽しむのにピッタリです。

 

 

最新のスタイルで自転車旅を楽しんでみるのはもちろん、通勤や通学を冒険に変えるのもオススメです。

 

>> ネスト 公式ホームページ

>> 【NESTO × 安田大サーカス団長安田】グラベルロードでキャンプツーリング!【グラベルロード旅 1日目】(Youtube)

>> 【NESTO × 安田大サーカス団長安田】目指せ富士山!ゴールで見たものは‥‥‥?【グラベルロード旅2日目】(Youtube)

 

グラベルロードの楽しみ方のイメージが付きにくい方は、こちらのYoutube動画もぜひ。横浜から出発し、湘南、足柄を経て山中湖を目指しながら、途中立ち寄ったお店で美味しものを食べたり、キャンプ場で一泊したり、自転車旅の楽しさが共感できる内容になっています。動画の中で走ったコースで、湘南から足柄、山中湖にかけては私自身も馴染みのある場所でしたが、「こんなにグラベルあるんだ。」と新たな発見もありました。

 

【関連記事】

 

>> スポーツバイクに必要なオプションパーツ特集

 

 

>> 自転車旅に必要なモノ特集

 

 

>> スマートフォンホルダー・サイクルコンピューター特集

 

相模原中央店 岐部

Homepage:http://seocycle-sagamihara.venus.bindcloud.jp/index.html

神奈川県相模原市のセオサイクル相模原中央店は、サイクルスタート掲載店です。

7116