商品情報

2021年9月8日

【商品紹介】エアフィールズ AC2.2 について、学生の自転車旅に向いている3つの理由

相模原中央店

 

SEOCYCLE
EAFEELS AC2.2
セオサイクル販売価格
税込み 52,800円

 

 

セオサイクルオリジナルのスポーツバイク・エアフィールズ。

機能や特徴などの詳しい紹介については、オフィシャルのページにお任せするとして、

 

当店からは、" 学生の自転車旅にオススメできる " という観点から、ご紹介したいと思います。

 

※写真は四国一周のとき 愛媛県・今治城にて 

 

自転車旅をやってみたいと決意したとき、「自転車旅をする専用の自転車じゃないといけないのか?」と考えるとは思いますが、決してそうではありません。むしろ、現在はクロスバイクが多数派を占めています。

 

自転車旅も様々なパターンがあり、単独ですべて乗り切る人もいれば、仲間と一緒に走り、役割分担して、荷物を分散してお互いにカバーすることもあります。一人で走っても、仲間と走っても、それぞれ自転車旅の良さがあります。

 

私は単独派でしたが、道中で同じ方向に進んでいると意気投合することもあり、一緒にキャンプすることもありました。

 

単独で行動するときは様々なケースに対応するため、荷物も多くなりがちなので、ツーリングバイクの懐の広さが頼りになりますが、

 

グループであれば、修理に使う工具や調理器具もシェアすることが可能なので、写真のような前後キャリア装着のフル装備でなくても自転車旅はできます。

 

私が思う、自転車旅に向いている自転車の特徴としては、

・荷物が積める

・毎日乗っても疲れにくい

・パンクなどのマシントラブルに強い

の条件が揃っていることだと思います。

 

それらの条件を満たしつつ、お手頃な価格で購入できるのが

エアフィールズ・AC2.2 です。

 

 

荷物を積むには、キャリア取付けとバイクパッキング、2つの方法があります。

 

バイクパッキングの場合、バイクの選択肢が広いなどのメリットがありますが、

テントやシュラフなどのギアが軽量・小型というのが大事になってきます。

高性能なギアは往々にして高額なため、予算を圧迫することにもなるため、

 

しっかり荷物を載せたり、予算を抑えたい場合は、キャリア取付けがオススメです。

 

しかし、このキャリアを取付けるためのダボ穴がフレームに付いているかによって、選択肢が大きく変わってきます。

ダボ穴がなければアダプターを介して取付けたり、適合するものを取付けたりするので、予算があがったり、元々付けたいと思っていたものが付けられなかったりします。

 

AC2.2 は、前後キャリアとフルフェンダーが同時装着できるよう、ダボ穴が完備されています。

 

実はこれが意外と珍しく、ツーリングバイク以外ですべて揃っているのは、なかなか見かけません。この時点で、自転車旅に十分に向いた仕様です。

 

 

エアフィールズは、" 今まで一般用自転車に乗っていた方が、初めてスポーツバイクに乗られるときに、無理なくオススメできる自転車。" というのがコンセプトになっています。

 

高めのハンドル位置と、長めのホイールベースで、初めての人でも乗りやすいフレーム設計です。サドルからハンドルまでの距離も近く、首や腰に大きな負担をかけない楽な姿勢をとることができます。

 

自転車旅は長期のお休みのときに行うことが多く、1周間から1ヶ月、それ以上の期間、それぞれの目的地に向かって走り続けます。荷物を載せながら、連続して走り続けるので、速く走ることよりも、どれだけ疲れずに走れるかの方が、長期の自転車旅では重要になってきます。

 

また、着替えも水で洗ったりして洗濯を繰り返しながら走るので、徐々に傷んできて旅の途中で衣類の交換が必要なケースも出てきます。

 

AC2.2 なら、ゆったりとした乗車姿勢で景色を楽しみながら、普段着に近い格好でもラクに走ることができます。

 

 

自転車旅をしているとき、怖いのがマシントラブル。出発前に万全な整備を行ったとしても、絶対に起きないということはありませんが、起こり得るトラブルの種類を知っておくことで備えることはできます。

 

起こり得る自転車旅中のマシントラブル

・タイヤのパンク

・雨の中、下り坂を走ってブレーキシューが消耗

・チェーンが伸びて、走行中に切れる

 

出発前の整備で懸念される箇所については、交換してから出発するのがオススメですが、荷物を積んでの長丁場の旅だと、旅の道中で消耗するケースもあります。

 

ここでも、AC2.2 の強みを発揮。クロスバイクとしては、最もオーソドックスな仕様になっているため、多く流通しており、補修部品の入手コストが低いという特徴があります。もしもの時に備えて替えのチューブ以外にも、ブレーキシュー等をあらかじめ持っていくのもオススメです。

 

以上が、自転車旅にオススメできる理由となりますが、実際に自転車旅をしている最中に、旅仕様のエアフィールズと北海道ですれ違ったこともあり、以前より自転車旅用として使っていただけているんだなと思い、ご紹介させていただきました。

 

これから自転車旅をやってみたいという学生の皆さん(学生さん以外も)、相棒の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

自転車旅のご相談もお待ちしております。

 

初めてスポーツバイクを乗るのに必要なモノや、自転車旅に必要なモノなどについては、

よろしければ、以下の特集を参考にしてみてください。

 

 

>> スポーツバイクに必要なオプションパーツ特集

 

 

>> 自転車旅に必要なモノ特集

 

 

>> スマートフォンホルダー・サイクルコンピューター特集

 

相模原中央店 岐部

Homepage:http://seocycle-sagamihara.venus.bindcloud.jp/index.html

神奈川県相模原市のセオサイクル相模原中央店は、サイクルスタート掲載店です。

 

8214