商品情報

2021年9月11日

【商品紹介】ジャイアント エスケープR3 MS - 時代に合わせて進化し続ける、日本で最も人気の高いクロスバイク -

相模原中央店

 

GIANT
ESCAPE R3 MS
メーカー希望小売価格
税込み 57,200円

 

2005年のデビュー以来、時代に合わせて進化を続ける、日本で最も人気の高いクロスバイクです。

 

発売になった2005年当初、クロスバイクのイメージは " ロードバイクよりもスピードが出ず、マウンテンバイクよりも頑丈ではない、中途半端な自転車 " ということで、種類もあまりなかったのですが、エスケープR3は " 手頃な価格で買えて、ロードバイク並みにスピードが出るのに扱いやすい " ということで、年々人気が出るようになりました。

 

また、世界最大級の自転車製造のジャイアントが作るということもあり、製造コストが抑えられていたため、" 同じ価格帯で他のブランドのクロスバイクよりも、ワンランク上の性能をもつ、コストパフォーマンスの高い自転車 " として、スポーツバイクを始めてみたい方を中心に支持され続けました。

 

クロスバイクの人気が出るにつれて、他のブランドからも魅力的なクロスバイクが発売されるようになりました。エスケープR3よりも価格が抑えられて軽いモデルや、ブレーキや変速機などの部品がエスケープR3よりもグレードが上というモデルも登場し、スポーツバイクを始めるにあたり選択肢が広がりました。エスケープR3がスポーツバイクの世界を広めた功績は、とても大きかったです。

 

そんな中でも、エスケープR3は日本で最も人気の高いクロスバイクとしての実績と、世界最大級の自転車製造・ジャイアントという背景を活かし、スポーツバイクをとりまく状況と課題に対して、" 安くて高性能なクロスバイク " というポジションから、" スポーツバイクを始める方が無理なく楽しめる、快適性と操作性を極めた高性能クロスバイク " というポジションへと、クロスバイク文化の成熟に合わせて変化していきました。

 

 

エスケープR3には、専用設計のオプションパーツが数多く存在します。駐輪するときに便利なキックスタンドや、跳ね上げた雨水をよけるフェンダー、後方の車にアピールをするリアライト、盗難防止のワイヤーロックなどありますが、いずれもバイク全体のスタイリッシュな印象を崩さず、使い勝手のよい機能をスマートに追加できます。

 

ジャイアントが自転車製造だけではなく、スポーツバイクに関わるパーツ&アクセサリーも多く作っているということもあり、このような包括的なアプローチが可能となっています。

 

 

スポーツバイクには、ホイールを簡単に脱着できる機能がついています。

 

サイクリング中にパンクした際に、傷んでしまったインナーチューブを交換することで、自力で簡単に修理可能となるものですが、エスケープR3は数年前からレバー方式ではなく、5mmの六角レンチで着脱できるスキュアー方式に変更してあります。

 

レバー方式は工具を使わないので便利ですが、その反面レバーが緩んだ状態だと走行中にホイールが外れる危険性があります。初めてスポーツバイクに乗る方の習熟度や、実際にこの機能を活用している方の割合はそれほど多くなく、安全性向上のためにスキュアー方式に変更されたと思われます。

 

それでも、携帯工具を持っていればホイールの脱着は容易ですので、スポーツバイクに慣れてきたらチューブ交換用の工具も揃えれば、遠出も怖くありません。

 

 

タイヤも、700×30C というサイズのものが付いています。エスケープR3は長い間、700×28Cという、サイクリングでスピード感を楽しめる細みのタイヤを採用していましたが、自転車通勤・通学で使用される方が増え、通勤・通学路の路面状況やスポーツバイクの習熟度に合わせて、安定感のあるサイズに変更しました。

 

 

 

変速システムは従来のシマノ製以外に、新たにマイクロシフト製のモデルが追加になりました。 昨今の COVID-19 の影響により、ソーシャルディスタンスを保てる移動手段として自転車が見直されており、世界的に自転車と自転車を構成する部品が供給不足になっているのが現状です。

 

特にシマノ製の部品が引合いになっており、部品が不足して自転車が完成せず、日本への入荷の目処が立っていないというのが、現在のスポーツバイクをとりまく状況ですが、ジャイアントはマイクロシフト製の部品を使用することで対応しました。

 

マイクロシフト製を使用することで、価格を5万円台に抑えたというのも、スポーツバイクへの敷居を高くしないジャイアントの配慮が見られます。実際、マイクロシフト製コンポーネントの操作感は、通常使用であれば特に問題になりません。

 

 

機能面だけではなく、フレームデザインも凝っているのが、エスケープR3のよいところ。ムダを省いたスタイリッシュなアルミフレームと印象的なカラーリング。ブルーは毎年ありますが、そのときによって変更されています。最近ではネイビーに近い雰囲気で、

 

 

 

ブラックは " トーンカラー "。エスケープR3では、伝統となっている美しいグラデーションが特徴。

 

 

時代に合わせて進化し続ける、クロスバイクのパイオニア。スポーツバイクデビューの方はもちろん、エスケープR3からスポーツバイクライフを始めて、子どもへの通学用スポーツバイクとしてお考えの方、以前乗っていてカムバックされる方にもオススメです。

 

女性の方であれば、無理なく乗れる女性向けモデルもありますので、そちらもご検討ください。

 

 

【関連記事】併せてぜひご覧ください

 

>> スポーツバイクに必要なオプションパーツ特集

 

 

>> 自転車旅に必要なモノ特集

 

 

>> スマートフォンホルダー・サイクルコンピューター特集

 

相模原中央店 岐部

Homepage:http://seocycle-sagamihara.venus.bindcloud.jp/index.html

神奈川県相模原市のセオサイクル相模原中央店は、サイクルスタート掲載店です。

8279